新しい命の誕生を喜べないなんて・・

かるちゃんです。 2月末から3月にかけて、25頭もの保健所収容犬を引き取りました。 その中で、3頭の女の子がトライアル中に妊娠発覚・・・ わ~い、おめでとう!と素直に かわいい命の誕生を待ち望んで、 ステキな里親さんを探してあげましょう~! ・・と弾んだ気持ちになれるわけではないので、 気分は、悶々・・・、とっても複雑です・・、辛いです・・。 ただ今、妊娠恐怖症に陥ってるワタシタチ。 このまま誕生させてあげたら、 ステキなお家にもらわれて、間違いなく幸せな犬生が保障された子犬達。 この子犬達の里親さんになる家族は、ペットショップで買わずに保護犬を選んで下さる方達です。 この子犬達が誕生していなかったら、 今保健所にいる犬を引き取ってた可能性が高い方達です。 堕胎については、一概に良い・悪いを決めることなんてできません。 言えることは、すでにこの世で呼吸して 感情も豊かに発達して  人を信じ切ったまま処分されようとしている犬達に目を向け、できるだけ助けたいのに、 新たな命の誕生を許した分だけ、助けられる数が確実に減るということ。 落ち込んだ気分のまま、 「近いうちに~」と予定していた避妊手術の時期を、「大至急!」に早めて、 まだ赤ちゃんの形になる前に少しでも早く中絶するのです。 (運悪く しっかり赤ちゃんの形になってることだってあります・・・涙) ある獣医さんは、堕胎はやりたくないけど仕方ない・・、 まだ脳も発達してないし、感情も何もないと…

続きを読む

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村