薄幸感ただようひなちゃん物語

離島生まれのひなちゃん、合宿所にやって来た時、背骨が数えられる位やっせっぽちで、 見るからに貧相、貧弱、毛はパサパサ、触れられるだけで震えるぐらい超びびりで、か弱くって、 よくぞ今まで生きて来れたもんだと不思議な位の、可哀想な女の子でありました。 その日のうちに、預かりのシュリママさんちに引き取られ、先住犬のシュリ君と一緒に 育てていただきました。 心と体に栄養と癒しをたっぷり与えてもらい、特別なシャンプーで毛艶を整えてもらい、 10日後にはシュリ君とも遊ぶ余裕もできたころ、暫くしてトライアルに行ったのですが・・・ 出戻りましたぁ~~~長期間のトライアルでしたが、家族に懐かず、怖がってばかりで、           かえって、可哀想だからとのことでした。 合宿所でのひなちゃん どうやら、ひなちゃんは薄幸の美少女のようで、運のない子かな・・・と暗くなりかけたとき! 捨てる神あれば拾う神あり! 最初からひなちゃんが気になっていたご家族が、ひなちゃんが 帰ってきたことを知り、速攻で申し込んでくれ、ひなちゃんの赤い糸はここで固く結ばれたので ありますメデタシメデタシ 合宿所で預かったときは、散歩では決してオシッコもウンチもしなかったひなちゃんが U家に行ってからは、初日からちゃんとしたそうな・・・安心感が違うんやろねぇ 幸せをゲットしたひなちゃん、イヌと家族との相性って何で決まるのか分からないけれど、 イヌもヒトもお互い…

続きを読む

里親会のもうひとつのサプライズ(@_@。は、おはつちゃん!

おはつちゃんがファミリーを連れてやって来てくれましたワーイ ふー様のご期待に添えずごめん(>_<)  おはつちゃんが卒業して以来、ルイ君と私は、寂しさを共有して暮らしておりました。 おはつちゃんの存在が大き過ぎましたからね・・・ 想い出特集: 合宿所に着いた日:まだ幼くて垂れ耳でしたよ。推定6ヵ月くらいかな? 高齢のシュナおばあちゃまには熱心な介護士になったり・・・ あさちゃんとは本当の姉妹のように仲よくなったり・・・ クロエちゃんのお母さん替わりになったり・・・ ルイ君とはラブラブのカップルになったり・・・ 遊んでる途中での突然の電池切れには、笑える~ 久しぶりのご対面にルイ君も大よろごび と言う訳で、日曜日は大いに盛り上がった里親会でした。 因みに名前は 「はつ」となりました。 by hikaru

続きを読む

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村