ももちゃん秘話

2年前の4月、とある離島で、母イヌと5仔犬が路頭に迷っておりました。
住民の通報で保健所が捕獲しましたが、すばしっこい1仔犬が逃げてしまいました。
母と4仔犬は、かるちゃんが引き受けたので、地元のボランティアさんの手厚い保護の元、
バケボラさんを待つ間、夢のような家族団らんの時間を持つことができました。
ちゅら (3).jpgちゅら (6).jpgちゅら.jpg

しっかり子供たちを守って生き抜いた賢いお母さん
ちゅら (4).jpg
捕獲されたときは、きっと、ホッとしたんとちゃうかな・・・
ごはんの心配ないし、檻の中はあんぜんやし・・・

ゴロンしてお腹も見せれるやなんて、飼い犬やったんやん💢
ちゅら (5).jpg
飼い犬が妊娠すると面倒くさいから捨てるらしい・・・
病気になると、やっぱり面倒くさいから捨てるらしい・・・
不妊手術も面倒くさいし、お金かかるからしないらしい・・・
盛りの付いたオスイヌがメスを求めて家出しても、捜さないらしい・・・
そんなことが まだホンマにあったんやぁ(>_<)

地元のボラさんたちの気がかりは、逃げた仔犬のこと。
まだ、3ヵ月ぐらいなのに、たったひとりで生きていけるんやろか・・・シンパイ
つづく・・・
by hikaru


この記事へのコメント

  • あずきん

    できれば、続きをお願いします。
    気になって仕方がありません。
    2016年06月14日 12:42
  • h

    あずきんさん
    日々目が回るほどの多忙にて、滞っております。ももちゃんの話はやっつけ仕事では
    出来ません。かかわった人々の思い入れも深く、何より私の中ではももちゃんと愛ちゃんは
    格別のワンコであります。19日の里親募集会の後に続編を考えておりますので、よろしくお願いしますね。
    2016年06月14日 17:40
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村