「会って、触れ合って、甘えさせて。」小虎とフミヤより。

dekawannです。

お馴染み 小虎とフミヤ。
image5 (4).JPG

共に6か月前後の可愛い子犬ですが、1週間の共同生活で2頭の性格の違いがはっきりわかりましたよ~

ジェロ家では今、こんな生活。

 6~7時くらい
  起きて階段降りると、《待ってました~》ってべたべた攻撃。
  おはよって玄関ドア開けると、2頭我先にとお庭にぴゅー!!
  小虎はいつもの場所で 先におしっこうんちを済ませます。
  フミヤは、小虎より少し遅れて。やっぱりお決まりの場所で。

  そのあとは楽しくワンプロして遊びます。誘うのはいつも小虎。
  体格は小虎が少し大きいけど、勝負は互角。

 8時くらい
  
  朝ごはん。…待てない。フミヤは特に待てない
  そして、ジェロの3倍も早食いの小虎より、更にその倍の早食い。
  お皿をおさえていないと勢い余ってひっくり返るほどガツガツです。
  上品そうな外見とのギャップが子犬ならではで面白いね。
  不思議なことに、おやつは対照的に、要求しないし がっつかないんですよねー。
  ちゃんと、生命維持に必要なことには必死になるってことでしょうか。

  
  ご飯といえば、小虎は始めにうちに来たとき、ジェロのお皿から食べようとしちゃって
  そりゃあ怒られたもんだけど、フミヤはご飯待ちの時も絶対にジェロより前には出てこない。
  なんというか、世渡り上手かも。

 10時くらい  

  3頭引きでのお散歩です。2回に分けて行きたいところなんですが、
  学校が始まってうちには私一人。
  チビーズだけでのお留守番はまだ心配だし、とりわけフミヤは1人が苦手。
  いろんな組み合わせで試したのだけど、散歩も小虎と一緒じゃなきゃ寂しいみたいで、
  えーい、やってみんべ!と細心の注意を払って3頭引き決行。
  まあ、まだ長時間は無理だけど、ご近所だけならなんとかなってます。
  image2 (7).JPG
  合宿所では散歩おしっこのできなかったフミヤですが、今はできるようになりましたよ。
  朝のお散歩でそれぞれ2回目のおしっこします。

  おしっこスタイルは、小虎は♂スタイル、フミヤは♀スタイルです。

お昼まで

  お昼寝ターイムzzz。
image3 (7).JPG
お昼 1時くらい

  お昼ご飯。食べた後 お散歩までに一度お庭に出してあげると、おしっこうんちします。

夕方 

  お散歩。夕方は、ジェロとチビーズ、分けていけることが多いです。4回目のおしっこ。

  8時

  夜ごはん。
  家族が帰ってくる物音聞きつけると、2頭ともワンって玄関に飛んでいきます。
  
  小虎がワンっていうのは、この時くらいなんだけど、
  どうやらフミヤは外を行く人や犬が気になるみたいで、庭に出ているときに見つけると、
  駆けてって「ワオーンワンワンワン」と鳴きます。
  家の中からでも窓の外をよく眺めているし、小虎よりはお外が好きな感じかな。
  鳴くといってもリードついてない時ばかりで散歩中はまったく問題ないし、
  飼い主がきちんとコントロールできる範疇だと思います。
image1 (8).JPG
夜寝る前
   
  お庭でおしっこうんちしてから眠りますZZZ。
   
  我が家ではラクなのでちょいちょい外に出しますが、2頭ともきちんとシート使えますから、
  寂しん坊さえおさまったらお留守番もまったく心配ないと思います。
  平均すると、おしっこは1日5回くらい、うんちは1日3回くらい。




  
小虎もフミヤも、人も犬もとっても大好き。
すぐに駆けよっていこうとするのを 3頭引きの時はちょっと我慢してもらっているので、
早く満足いくまで遊ばせてもらえるおうちが決まるといいね。

やんちゃにみえてリーダータイプ、なんでも覚えの早い賢い小虎と、
スマートな風貌に性格は意外と骨太、ギャップが魅力のフミヤ。
image7 (2).JPG
とにかくフワフワで柔らかい9kgの小虎と、
とにかくサラサラで艶々な8kgのフミヤ。
image6 (3).JPG
まだ子犬なので 見る人によってはどちらも一長一短あるでしょうが、
子犬初めての我が家でもなんにも困ることなく生活しています。
家庭犬としてすでに十分な合格点のこの子たち。
愛して愛して、おうちルールをしつけていけば、
更にこれからいくらでも飼い主さん好みに変わっていくことでしょう。
あとは、巡り合うだけです、見染めてくれたあなたに。

里親会でお目にかかれますように。

image4 (6).JPG






  

  
  



            

この記事へのコメント

  • かるちゃん

    元気な男の子2頭を預かります!と聞いた時には、
    ええ~っ、大丈夫~? って心配しましたが
    今じゃ なんてうらやましい~、です。
    この記事を見た人は、きっと小虎かフミヤを選ぶなんてできやしない。
    「フタリ一緒に飼います!」っていう太っ腹な人が現れるといいな!
    2017年09月04日 08:11
  • dekawann

    かるちゃんさん
    小虎ちゃんだけの時は遊び心と体力を満たしてあげきれず少々甘噛みもありましたが、フミヤ君との生活のおかげで 今やまったくなくなりました。体格や月齢が近くて気心も知れている互いの存在はとても大きいように思いますし、2頭一緒なら飼い主さんも安心、楽ちん、W可愛い♡
    夢のようなそんなことが叶えば、最高ですね。
    でも、小虎もフミヤも、小さいけど犬生最大のピンチをすでに克服して今を生きているわけですから、この先どこへ行っても前向きに楽しく生きていくポテンシャルはすんばらしく高いはずだと思ってます。
    私も、今までの人生で最高に贅沢な時間はあとわずかと心得て、1分1秒、大切に大切な彼らと接していきたいです。
    2017年09月04日 10:44
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村