クロエちゃん物語Ⅰ

2年前の今日、2016年1月30日夜、離島から5チビーズがやって来ました。
クロエ・アロエ姉妹、コン太、ポン太、まぁちゃんの3~4ヶ月位の可愛い盛りの子供たち。
1_NEW.jpg

クロエちゃんの保健所時代の写真はひときわ哀れを誘います。
恐怖に震える野生動物みたい・・・
1.jpg
ご飯食べて、お風呂に入って、休んでいたら、ルイ君が「私がママよ」ってお世話をやきに来ました。
2.jpg
一夜明けて、イマリ姉さんにも挨拶して。。。
3.jpg
クロエちゃんの変な動き方に、どこか悪いのではないかと少々心配しました。
突然、壁に沿って猛スピードで走りだし、突然うずくまって、震えていることが度々有ったのです。
原因が分からないままで、しばらくの間、クロエ・アロエ姉妹はヴェールさん宅に
ホームステイさせてもらうことになりました。クロエ・アロエの名前はヴェールさんが名付け親です。
4_NEW.jpg

アロエちゃんのトライアルが決まって、姉妹は合宿所に帰ってきました。
クロエちゃんはすっかり元気になって、変な動きはなくなっていました。
こんな幼い子が、何かのトラウマをかかえていたんやろうか?
5 (2).jpg
アロエちゃんが居なくなったアトは、コン太君がいいお兄ちゃんになって遊んでくれました。
10.jpg11_NEW.jpg
コン太君がいなくなったら、ルイ君がママ替わりとなって、甘やかしてくれました。
14 (3).jpg14 (4).jpg14.jpg17_NEW.jpg18.jpg
島ではきっと、怖い事が多かったんやろうけど、ヴェールさん宅でヒトの優しさを知り、
合宿所でワンコの優しさを知り、クロエちゃんはトラウマを完全に克服できました(^O^)/
幼くして大阪に来れて良かった良かった! つづく・・・
by hikaru

ポチッと応援ありがとうございます<(_ _)>
スマホの方はpc版 → ポチッと応援をタッチしてね
あなたの応援が、保護犬たちの幸せに繋がっています

この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村