シバオの奇跡

かるちゃんです。
シバオは昨年12月に離島の保健所に収容されました。
しばお 25446476_985418678280616_6196462825011959343_n.jpg
ブリーダーやペットショップがない離島では、
こんな、普通に柴犬っぽい犬は 珍しいらしい・・・
で、島の人が何人か譲渡希望で見にきたそうですが、
シバオは、ウ~ウ~唸って今にも噛みつきそうな勢いだったので
とうとう譲渡対象からはずされてしまいました。
しばおIMG_5285.JPG
ホントは寂しがりで甘えたなのに、裏の倉庫みたいなところに隔離されてつながれて、
ますます人間不信で荒れまくるシバオ。
 どこの保健所でも、ふつう、柴犬は「譲渡対象外」になるみたいです。
 特定の飼い主にしか懐かない犬種だからと・・。
 「譲渡対象外」ということは・・・、命が助かる可能性はないということです。
助けたい職員さんが 「やはりダメですよね・・・」と、遠慮しいしい 小声で私に言いました。
「柴気質をわかった預かりさんが見つかったら何とかなるんですけどねえ・・・」と、
お茶を濁しながら粘ってたワタシ・・。
年度末、ついに期限を告げられて、
ブログに 怒りんぼ柴犬の預かりさん募集記事を投稿しました。
気が弱くて甘えん坊のくせに、突然 怒りんぼスイッチが入る ワガママ柴犬。
すると、Mさんという方から、
「ウチで預かりますから、助けてあげてください。」と電話がかかってきました。
以前の飼犬2頭が柴犬だったそうで、柴犬の気難しさはよくわかっています・・と。

はっきり言います。
Mさんからの申し出がなかったら、私はシバオを引き取ることを断念していました。
そして、3月16日、シバオは空港に迎えに来て下さったMさん宅に直行。
その日の夜、Mさんからの、「大丈夫でしたから 安心して下さいね」という電話に 
気分は小躍りしてた ワタシ・・・。
実はその日に、M家の家族4人全員がシバオに噛まれていたというのに、
私がそれを知ったのは ずいぶん後になってからでした。
私に心配かけないように
「大丈夫でしたから 安心して下さい。」と電話下さったM家のお母さん・・・。

その後も、一生懸命シバオに向き合って下さって
「可愛いですよ~」
「咬まれないコツがわかって咬まれなくなりましたよ。」
「ブラシもさせてくれましたよ。」等々・・。

去勢手術も完了して、5月3日 高槻ジャズストリート内での里親募集会に、
シバオは初参加するはずでしたが、前日夜にお父さんから電話があって、
「私がシバオに咬まれて車の運転ができない・・」と、里親会欠席の連絡が入りました。
なんてことだ!!!
サブローくんの一時預かり先を探して ウチでシバオを引き取るしかない・・。
 「サブローを預かって下さるお家が見つかったら、ウチでシバオを預かるので、
 それまでは日中はシバオを外につないで下さい。
 噛んだらみんながひるんで イヤなことから逃れられる~という、
 変な成功体験を 絶対にさせないでください。」とお願いしていました。

サブローの一時預かりさん募集を告知した6月3日の里親募集会。
シバオは、実は内弁慶な小心者だとばれちゃいましたよ!
ふふふ・・・、ワンコや人がいっぱいで、Mさんを頼り切ってる様子が 情けないこと・・・
Mさんが投稿して下さった記事です。⇒http://inunogassyukusyo.seesaa.net/article/459897810.html
そして6月30日。
シバオは変わりました!
Mさんが 自信を持ってこう言いました。
「3ヵ月したら必ず信頼関係が築けます。 焦らずに待って下さる方なら大丈夫です!」と・・。
2回目の里親募集会参加を前にシャンプーもして下さって 気合十分のM家の皆さん。⇒http://inunogassyukusyo.seesaa.net/article/460256212.html

すごいですよ。
「シバオは怒ります。噛むこともあります。」・・と伝えても、
「柴はそんなもんですよ・・・」
「前の犬もそうでした・・・」等と言う人から何人も問い合わせがあって、
本命のTさん母娘が会場に会いに来てくださいました。
預かりM家からの、
「焦らずに3ヵ月待ってもらったら、必ず信頼関係が深まります。」という意味深なアドバイスを
伝えた上で、トライアルを始めることになりました。
一度M家を離れて リセットしてからトライアルを始めてもらうために、前日から合宿所にお泊り。
Mさんの心配をよそに、無邪気な天使、ユカちゃんと意気投合してずっと遊んでたシバオ・・・

翌日、Tさんちへのお届けには ユカちゃんも付き添ってもらって、
Tさんの 上手な接し方もあって、
トライアルは、何も問題なく、拍子抜けするくらい順調に進みました。
Mさんちでの3か月間で、シバオの「人間不信」はどこか遠くに飛んでってしまったようでした。
シバオimage2.jpeg
ほら・・・、Tさん母娘に抱っこされて・・・、
生まれ変わったシバオは「大吉」になりました。
 しばおimage2.jpeg しばおimage1.jpeg
3月16日、空港に迎えに来たMさんが、
「幸せになってほしいから、ウチでは大吉って呼ばせてもらいますね。」と言ってた名前。

「大吉」は、M家の皆さんが一時預かりを申し出て下さって、
家族全員が咬まれて傷だらけになっても この子はいい子だから・・とあきらめずに
大ちゃん、大ちゃんと可愛がって下さった 本当に運の強い犬です。
 柴犬だから「シバオ」だなんて、テキトーな仮名をつけたのは このワタシです。
M家に命名してもらった「大吉」は、今T家の「大吉」になりましたよ。
Mさんに助けられたことも、Tさんに巡り合ったことも、奇跡だと思っています。
皆さま、ありがとうございました!

この記事へのコメント

  • ベアー

    いつか譲渡会に参加させていただきたいと思っている者で何度かコメントさせていただいています。
    犬の合宿所さんのブログには色々なワンコの魅力、そしてそのワンコに関すること含めて隠さず書いてくださっていると私は感じています。
    大吉くんの記事も目にしておりました。
    私も何度か柴犬、日本犬に噛まれ流血して手も貫通したんじゃないかと思ったこともありました。Mさんの記事を読ませていただき泣いてしまいました。こんなにワンコが大好きな人を前に私もワンコ大好きです…なんておこがましいなーという思いとこんなにたくさんの方々が色々な形のリレーを繋いで助けてくれる命。
    このブログでたくさん保護犬に関すること含めて知りました。
    色々なワンコの命の繋ぎ方も包み隠さず書いてくださって益々犬の合宿所さんの譲渡会に参加したい!と思うようになっております。今回もこのような記事を読ませていただきありがとうございます。
    2018年08月07日 18:39
  • K

    この物語(すみません、あまりにも素敵なお話なのでこう書かせて下さい)に登場する人たち
    (保健所の職員さん、かるちゃんさん、そしてMさんと大吉くんの里親さんになられたTさん)
    みんながみんな愛に溢れています。

    大吉くんはその名の通り、大きな吉を手に入れましたね♪ 良かったね~大吉くん♪
    ずっとずっと幸せにね♪
    2018年08月08日 00:08
  • hikaru

    保健所職員さん、保護主かるちゃん、預かりMさん、そして終の棲家と
    なるT家の皆さま、有難うございます<(_ _)>
    日本犬が好き、その中でも特に柴が好きな私としては、気難しい柴が
    ひとり助かったことに感謝しております。
    ウチの柴さんも気難しく、じいさんになった今でも他人を咬む元気は
    温存しております。家族にしか心を開かないところが、飼い主には
    困ったような、嬉しいような、複雑な気持ちです。
    やんちゃな柴と暮らすと、毎日が刺激的で退屈することがありません。
    フワンフワンと寝言いいながら手足をピクピクさせてたりすると、公園で
    友達と走り回っていたころの夢を見てるんやろうなぁ・・・と愛しく
    なります。
    イヌやネコとヒトは不思議なご縁で繋がっていると感じています。
    前に飼ってたイヌやネコが生まれ変わって、また来てくれたんかな?
    大事にせんとアカンなぁと思います。
    大吉君、おめでとう。他の子たちも大吉君に続け~~(^O^)/フレーフレー

    2018年08月08日 00:15
  • どんぐりだんご

    もうすぐ15才になる柴女子と暮らしているので、シバオ君のその後が気になっていました。
    咬まれても咬まれても放り出す事をせず、一時預かりを続けられたM家の皆様の、シバオ君を何とかしてあげたいというお気持ち、愛情、責任感、忍耐力。
    頭が下がります。
    自分の家の飼い犬になるわけでも無いのに、なかなか出来る事ではありません。
    一時預かりと言っても簡単な気持ちで出来る事ではないなぁ~と感じました。
    この仔を幸せにしてあげたいと言う気持ちと責任感、手間暇かけてお世話する時間。
    今、預りをされている皆様も、いっぱいの愛情と時間をかけてワンコを預かっておられるんだと改めて思いました。
    だからこそ譲渡して頂いたワンコは尚更大切にしないといけないんだ、と。

    Tさんに抱かれたシバオ君のカワイイこと。ぬいぐるみみたい。
    柴犬が脱力して人に抱かれるなんて・・・(@_@;)
    たくさんの人の手で生き延びた大吉君、長生きしてね。
    この記事を読み、M家の皆様に感動し、嬉しくて、幸せな気持ちになってコメントしてしまいました。


    2018年08月08日 02:02
  • ハンナママ

    6月の里親募集会で、
    「家族みんながもれなく噛まれました~。」と、ニコニコしながらおっしゃったMさん。
    その笑顔に私はびっくりしたのですが、ご主人が車を運転出来ないほど嚙まれていたなんて、このブログを読むまで知りませんでした。
    正直、噛みつかれても噛みつかれても愛情を注いで預かるなんて、私には出来ないです。Mさんは凄過ぎる...(@_@;)!。
    T様に抱っこされた大吉君のお顔も、別犬ですよね。めちゃくちゃ可愛いです!。
    嬉しい知らせに、幸せな気持ちになりました。
    ありがとうございました。
    2018年08月08日 08:12
  • 優ママ

    本当に凄いです。M家の皆様、スゴすぎる・・・。良かったー!良かったね!大吉君!そしてM家の皆様、かるちゃん様、保健所の方、T家の方達、有難うごさいます!                                    
    嬉しくて、涙ボロボロです・・・m(_ _)m  皆様に感謝です。
        
    2018年08月08日 09:24
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村