えらいことになりました。動物愛護フェスタは不参加です。

ご厚意により里親募集会の会場として高槻市の小阪工務店をお借りできることになりました。
開催要項はこちら→10月28日(日)犬の里親募集会(ここまで16:55追記)
・・・・・・・・・・・

かるちゃんです。
28日の譲渡会に参加できなくなりました!

先ほど 28日の譲渡会主催の、動物愛護を推進する会から連絡がありました。
匿名の電話がかかってきたそうで、「譲渡会参加犬は狂犬病ワクチン接種済み」の犬に限る、
ということを言われました。
私は、少し前まで動物愛護を推進する会にも所属していましたし、
動物愛護を推進する会主催の譲渡会には、「犬の合宿所」を立ち上げるまでにも 
別の2つの団体で毎年ずっと参加をしていました。
また、2015年までは、高槻市保健所での別の団体の譲渡会にも毎回参加してきました。
その時の2団体も含め、今まで狂犬病接種は譲渡会の参加条件にはなっていませんでした。
少なくとも数年前の動物愛護フェスタでの 譲渡会担当責任者が保護している犬も、
一部しか狂犬病接種をしていませんでした。
先週の説明会に参加した時も、注意事項の中にある、
「登録済みの犬は鑑札を、ワクチン接種済みの犬はワクチン証明を携帯して~。」という文言を、
例年と同じだなあ~と、眺めていました。

狂犬病予防法にのっとって、成犬は、なるべく引出しから1か月以内に接種できるように、
(獣医師の指導であったり、色々な事情でトライアル期間が長引いたりでの例外はありますが、)、
譲渡先が決まりかけた段階で真っ先に狂犬病接種と登録を最優先でお願いして、
引き出した保健所への報告をしてきました。

今日になって 突然に 主催者側が、
「参加条件の狂犬病接種済みは大前提だった。狂犬病接種済みの犬しか参加できません。」と言ってきたのに対し、
ショックだし、悲しいし、言いたいことはいっぱいあるけど、
会場店舗への匿名の電話によるものだと思われるので、今から何を言っても仕方ありません。

今 早急にやらなければいけないことは、
28日に保健所ワンコ達に会いに行く予定を組んで下さってる方との 大事な出会いのチャンスを逃さないこと。
1頭でも良いご縁につなげて 次の保健所ワンコを引き取れる体制を作っておくこと。

これを書きながら同時進行で、新たな会場探しをしています。

次の更新では、「28日には会場変更して 里親募集会を開催します!」という記事を投稿できると思います。
次のお知らせまで、もう少しだけ時間を下さい。
今回は とり急ぎのお知らせのみで~。

この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村