マックが子猫を咬んだ!

子ねこのミーちゃんを預かって下さる方が見つかりました!!
いろんな方がご協力下さいました。
ありがとうございました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かるちゃんです。
あの、人に従順で 温厚な紳士だった卒業犬のマックが、
お家の庭を通り抜けようとした 野良の子猫を襲って咬みました。
マックは、合宿所のネコにも反応しなかったし、
ウチでも、猫のキューピーがマックには警戒心ゼロで鼻先まで顔を近づけてきても、
何も反応せず、お互いまるで空気のような関係で身近に同居していました。
そのマックが、庭に入ってきた子猫にいきなり襲いかかって咬んだ・・と!!
人が大好きな甘えんぼで、誰に対しても従順で、絶対服従。
温厚な平和主義者で 誰かと揉めるなんてことは皆無でした。
マックなら 赤ちゃんのお守りだってできるほどだと思っていました。
でもそれは、人に対してと、グループ内に限定された行動形態だったということでした・・・。
マックは猟犬でした!
急に目の前に現れた小動物を見たとたん
持って生まれたハンター気質のスイッチが入ってしまったという事でしょう。
マック母さんがすぐに気がついて止めなければ 瞬殺していたような襲い方だったそうです。
すぐに医療センターに運んだところ、脊髄骨折で下半身マヒかも‥と言われ、混乱するマック母さん。
でも、さすが最先端の奈良動物医療センター。
 (ここでは内視鏡外科手術を取り入れ、避妊手術も内視鏡でするそうですよ。すごい!)
運よく骨折は背骨で、ワイヤーで何か所かつないだり、ピンで固定したりして、手術は成功。

数日間の入院後、子ネコはこんなかっこうで退院してきました。
可愛いお顔のミケちゃん!
5ケ月くらいの女の子。
三毛猫.jpg
瀕死の重傷を負って、数日前に背骨の手術をしたとは思えないよ・・・
ひょっとして これも内視鏡手術なのかしらん?
  今度聞いてみよう・・・
三毛IMG_0238.jpg
ノラちゃんだから、一応シャーって怒るみたいだけど、
スプーンで給餌してもらって、ちゃんと食べてる・・って。

可愛いお顔の女の子。
近づいて写真を撮っても 警戒はするけど攻撃はしてこないみたい。
三毛MG_0262.jpg
病院の先生も、「攻撃性がないし、案外人馴れが早いんじゃないかなあ・・」って・・。
背骨骨折の手術した場所がちゃんと固定するまでは、一応安静にしてなきゃいけないようで、
跳んだり、走ったりは厳禁です。
そうは言っても、子ねこですからね・・・
見てない間に トイレとベッドの位置が変わってたり・・・って、
人がいない時には、けっこう暴れてるみたいですよ・・

ねずみのおもちゃをチョイチョイしたりして、可愛い・・・。
三毛IMG_0264.jpg

まだまだ 抱っこはできないようですが、 病院での血液検査や爪切りの時は 抱っこしても暴れる事もなく
病院にいた猫が挨拶にきても 鼻をツンツンしていましたって・・。
エイズ 白血病検査の結果は、陰性!
ワクチン 三種も打ってもらいました。
今は後ろ足をちょっとだけ引きずっている感じですが、
病院の先生のお話では、若いし、このまま筋肉がついていけば けっこう回復するんじゃないかなあ~と。

さて、今からが問題。
子ねこちゃんは、奈良県の、マック宅の2階の一部屋に隔離されています。
マックに襲われたトラウマが相当強くて、1階でマックと同居犬の気配がすると、すごく警戒しています。
マック母さんが最低限のお世話に2階に上がって来るだけでは、人馴れはなかなか進みません。
マックのお家でこのままずっと マックと同居というわけにはいきません。
なるべくマックがいないお家で預かって頂きながら 少しでも人に馴れてもらって、
同時に早く里親募集も始めていかなくっちゃ!

いつもお願いばかりで心苦しいんですが、
間一髪で一命を取り留めた この幸運なミケちゃんを預かって下さる方はおられないでしょうか。
里親募集がスムーズにできるように、できれば高槻近辺だと ありがたいです。
食べ物やトイレなど、必要な物はマック母さんが預けて下さいます。
一日も早くマックから引き離して、人に馴れてもらって、幸せになってもらわないと困ります!
マック母さんが「ノラ子さん」と呼んでた子ネコは、
昨日打ってもらったワクチン証明には、ミケの「ミーちゃん」と書かれました。


この記事へのコメント

  • マック母

    マック母です。
    今回の事件で 助けに行って後ろ脚が動かない子猫を抱えて 病院に走りましたが この先どうなるのか 途方に暮れていた時に 里親募集しましょう❗️って言って頂き 本当に有り難かったです。
    マックの飼い方が間違ってたのか 悩みましたが 犬友の皆んなが 変わらずマックを可愛がってくれ 子猫のフードを差し入れてくれたり いろんな方に助けられました。
    二階にいると ドアの向こうに マックの気配がして 固まる野良子さん 改めミーちゃん
    ストレスの無いおウチで 安心して過ごしながら 里親さんを待たらなぁと思います
    希望のフードや 猫砂があれば用意します
    宜しくお願いします!
    2018年10月31日 21:45
  • mi-goro

    マックは本能で動いてしまっただけなので、罪はありません。
    お母さんが止めたらやめたのですから、えらいです。
    おかげで子猫の命が助かりました。
    以前、うちの犬(20kg以上のラブmix)が散歩中に子猫を見つけた時は、追いかけ回して、つかまえてぶんまわして、なんとか奪い取ったらパニクった子猫に私が思い切り噛まれて、ドクドク流血して、それでも子猫を守りながら帰ったのですが、途中で死んでしまいました。子猫に外傷はまるでなかったのに。
    うちにいる猫と、外で突然動いて現れる獲物とはやはり別物なんでしょうね。その時も、痛いし悲しいし犬を叱りつけたいところでしたが、犬自体はものすごく楽しい遊びをしていた、という顔でうれしそうなんです。ただ、こちらが怒っているから戸惑っているようで。
    犬は犬です。それは決して飼主さんのしつけとかのせいではないと思います。そういう動物としての本能・感覚を持っていることを忘れず気をつけるしかないと思います。
    2018年11月01日 10:05
  • マック母

    マック母です。
    確かに マックを怒りましたが キョトンとしていました。
    必死で 前脚だけで 逃げようとするミーちゃんの姿は目に焼き付いていて 本当に幸せになって欲しいです。
    歩けなかったり エイズなら ウチで飼うつもりでしたが 先生に 病気もないし 可愛いし
    大丈夫ですよと言われ 二階でひとりぼっちで暮らすより家族のいる場所に居て欲しいと里親さんを探す事に 何よりマックから離してあげたくて…
    2018年11月01日 11:53
  • かるちゃん

    mi-goroさん
    コメント、ありがとうございます。
    マック母さんは「ウチの飼い方に問題あるんじゃないか」と落ち込んで、「訓練所に入れるべきか」と悩まれてましたが、
    mi-goroさんの的を得たコメントで、気持ちのありようにはっきりした方向性が見えてきたように思います。
    昨夜こんなメールが届きました。
    「~二度と事件を起こさないように しっかりマックと暮らしていきます。」
    どんなに社会性があって性格の良い犬でも、犬は犬。
    狩る対象が 虫やトカゲ程度だったり 小動物だったり色々でしょうが、ほとんどの犬が遊びで狩りをする気質は持っているもんだと思って 付き合わなくてはいけないということですね。
    2018年11月02日 03:25
  • まちんです

    子ねこのミーちゃんを預かってくださった方、本当にありがとうございました。
    私はニャン友さんは少ないし、その中で今、預かれそうな人はいないし・・・で、悶々としておりました。
    たくさんの人の気持ちが繋がって 預かり先が見つかったミーちゃん。
    きっと、幸せになれますね!
    2018年11月03日 14:29
  • hikaru

    三毛猫のミーちゃんは、我が家にもいます。ウチは代々三毛好きです。
    野らの子を捕獲器で捕獲して、そのまま、みどりさんで避妊手術をしました。
    多分6~8ヶ月ぐらいの月齢だったと思われます。
    あれから5年にもなるのに、いまだに誰にも懐かず、気配を消していますので、
    幻のミーちゃんと呼んでいます。野ら時代に恐ろしい目に会ったんでしょうね。
    ウチのミーちゃんに比べたら、顔も穏やかだし、おもちゃで遊んでいるし、
    人に見られても逃げないし、月齢が若いので、人への警戒心もそれほど
    大きくはないのでしょう。
    暖かなご家族にお世話されて回復も早いと思います。
    本当に有難うございます。
    2018年11月03日 18:12
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村