琥珀ちゃんとチビクロ ~ 新しい犬生の始まり

かるちゃんです。
1月4日に離島の保健所を出て、一緒のクレートに入ってやってきた琥珀ちゃんとチビクロ
1月6日のミニ見合い会では フタリ一緒にくっついて奥の部屋に潜んでただけだったのに 
それぞれ とても優しい家族の目に留まり、 
トライアル期間を経て、どちらも、このたび家族として迎えられることになりました!

琥珀ちゃんは1月22日に 避妊手術を受けました。
12月17日に保健所に収容された時、
痛がる薄茶テリア4歳?♀痩せてる右後ろ足腫れて30.12.17__.jpg
ガリガリの体にぎっしり付いてたダニに吸血されて、
貧血状態でふらふらだったそうです。

だから 少し栄養をつけてからね~って、避妊手術を遅らせていました。
でも、普通なら 合宿所の栄養たっぷりゴハンで、皮膚の状態はみるみる改善するはずなのに、
一向に皮膚は良くならないし、チビクロと一緒に 殆どじっと寝てばかり。
お散歩ではちゃんと人の早さに合わせて歩いてはくれるんだけど、なんだか活力がない・・・。
歯茎が白っぽくて いかにも血色が悪いままだし~、
かと言って、いつまでもこのままにしてて 発情が始まっても困るし~、
で、血液検査して、貧血状態を見てもらって、結果がOKだったら避妊もしてもらいましょ~って、
トライアル期間中だったけど いつもの動物病院に行ったわけです。
P1180739.JPG
「この子、今までに何度も授乳経験があったみたいですね~」 と女性獣医さん。
血液検査の結果、貧血はあるけど 肝臓の数値もそんなには悪くないから、避妊ちゃいましょう、って・・。

実はこの後、衝撃の事実が判明したのです。
手術してお腹を開けてみたら、お腹に1か月くらいの胎児が入っていたというのです。
ええ~!
お腹の膨らみは全くなかったし、
何度も出産・授乳してきたとわかるようなお乳だけど、
お乳が張ってきてるってことはなくて、
獣医さんも私達も 誰も気が付かなかった・・
なんてことでしょう・・・
このガリガリの栄養失調の体で 1か月も赤ちゃんを育ててたなんて・・・!
食べても食べても、自分のためには栄養がまわってなかったってこと・・・

今、琥珀ちゃんは優しい家族と一緒に暮らしています。
元気が出てきて、散歩の足取りは、とても軽くなりましたって・・。
いつもボーっとしてて「オスワリ」も何もわからなかった琥珀ちゃんが、
お兄ちゃんと琥珀DSC_1427.JPG
人の顔をジッと見て、オスワリもできるようになりましたよ。
大好きなママに頼まれたら、
琥珀DSC_1408.JPG
5歳の子どもちゃんのお絵かきのモデルだって引き受けちゃいます。

人の言葉を一生懸命理解しようとして、理解できたら人が喜んでくれる・・・。
それが嬉しくて、ますます人の話を一生懸命聞いて理解しようとする・・・と、
現在 吸収期 まっただ中の琥珀ちゃんです。
嬉しいねえ~♪

そしてチビクロちゃん!
人の手が怖くてたまらないチビクロちゃんを、
無理やり動物病院に連れて行って、怖い思いをさせて人間不信を深めるよりも、
家族との信頼関係ができてから避妊手術してもらう方がいいだろうってことで、
譲渡が決まってから避妊手術を受けてもらうことにしていました。

琥珀ちゃんのビックリ妊娠が発覚したので、一抹の不安を感じて 
チビクロちゃんのトライアル先に 早く避妊した方がいいかも・・・と連絡しました。
kuro.jpg
かなり信頼関係ができていて 動物病院にも連れて行けるようになっていたトライアル家から、
エコー検査で妊娠発覚~ という連絡が・・・!
親切な獣医さんが 急いだ方がいいからって、特別に翌日の避妊手術を入れて下さって
その日の夕方、手術を終えたチビクロちゃんは トライアル家に帰ってきました。
お腹の赤ちゃんは6匹もいて 妊娠1か月半くらいだったというのを聞くと、
なんだか胸が痛みますが・・・、仕方ありません・・・。
もし6匹の子犬を誕生させていたら・・・、
将来保健所の犬を引き取っていたかもしれない人に飼ってもらえてたはずの犬が
6頭減るということです。
殺処分をなくすためには、
悲しいけど、私達は新しい命を絶対に増やすわけにはいかないのです!

今日から本当のお父さんになった 元トライアル父さんからのメールです。
 ↓
クロチャン自身、本能的に赤ちゃんを取り出した事を理解しているようです、
撫ぜてやると、お父さんの顔をジーット見ています。」
チビクロちゃんは今、本当のお父さんの、大きくて暖かい手を怖いなんて思ってません。
このお家で、自分のためだけに美味しい物を食べて、
自分がここのお家の子どもになって お父さん、お母さんに甘えて、
猫のイーチャン・ウーチャンとも仲良く暮らしていったらいいのよ~。
もう肩ひじ張らなくていいから、うんと可愛がってもらいましょうね~

これは、合宿所での琥珀ちゃんと チビクロちゃん。
お腹に赤ちゃんがいる者同士、同じクレートで肌寄せ合って、
飛行機の、真っ暗闇と轟音の中の貨物室で 励まし合って、高槻までやってきたフタリは、
合宿所でも、親子かと思うくらいに仲良しでした。
その後も同じ道をたどり、どちらも愛情いっぱいの家族に巡り合えて
今から それぞれの新しい犬生が始まります!

この記事へのコメント

  • ビビリのチビクロ

    2019年03月29日 19:05
  • ビビリのチビクロちゃん譲渡されました北村さん家へ

    2019年03月29日 19:07
  • ビビリのチビクロちゃん譲渡されました北村さん家へ

    チビクロちゃんは毎日浜寺公園に散歩が出来様になりました、今はシェルちゃん、バンビちゃん、はなちゃんとお話出来る様になりました。
    2019年03月29日 19:16
  • かるちゃん

    北村さん、あのリードを持つと暴れていたようなチビクロちゃんが、
    大きい道路を渡って浜寺公園まで歩いてお散歩できるようになっただなんて、想像ができません。
    すごいです。
    お父さん、お母さんと、猫ちゃん達の優しいオーラいっぱいのお家が チビクロの、人間への警戒を解いてくれたんですね。
    嬉しいです。
    ありがとうございました。
    2019年03月30日 22:47
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村