5.3 ジャズスト里親募集会パート4・卒業犬編

5月3日 高槻ジャズストリートは大賑わいでした(^O^)/

春はジャズスト、秋は食祭、と城跡公園でのイベントにはたくさんの卒業生たちも来て下さいます。お世話した子の成長を見るのは楽しみです

ワタクシ、もうエエお年なので、積極的に○○で~す!ってアピールしてもらえないと忘れていたりします。
せっかく来て頂いたのに気がつかず、スルーしてしまった方がいたら、ごめんなさい<(_ _)>
名前も覚えられないので、昔の名前で出さしてもらいますね。

シロー君 サブロー君と一緒に来て、不妊手術も一緒でした。
2019050312520002.jpg

ドン君 チェリーアイでは2回も手術して・・・大変だったよね
2019050313540000.jpg

テンテンちゃん 預かりパパさんの散歩中に脱走したことがあったけど、首輪・胴輪につけた電話番号のお蔭ですぐに帰ってこれました。
2019050314110003.jpg

ルルリちゃん オッドアイの美しい子で、ルイ君を誘惑してたよね。
2019050312560000.jpg

ポッポとノイ 卒業犬のリンク集ポッポとノイでいつもお目にかかっています。
2019050312570002.jpg

ユカと瑠璃ちゃん いい体型を維持していますね
P1710225.JPG

ポチ君 いいお顔が撮れなくてごめん!
2019050312530000.jpg

ルナちゃん いつもお母さんとおばあちゃんを連れて来てくれます。
2019050312580001.jpg

カレンちゃん 目立つ首輪を紹介して下さって有難う!
P1710075.JPG

シノンちゃん 雅さんに会えなくて残念!
P1710211.JPG

ロクロ―君 離島から来たときからイケメンNo.1だったけど、今でも同じやね。 
P1710227.JPG

コンタ君 足が細いから大人になっても10㎏位かな?って言ってたのに、----15㎏に成長しました。
遠出して淡路島に行ったりしているそうで、良く運動しているのでカッコ良くなりましたよ----
P1710235.JPG
P1710233.JPG
成長するとどのくらいの大きさになるかを、足の大きさで予想しますが、外れることが多いです。
お父さんとお母さんが分からない仔犬については、マンションや2階リビングの方にはお勧めしてはいけないなぁって、改めて思いました。

卒業生ではありませんが、トライアル中の笑福君が一家総動員で来てくれました。
2019050314120002.jpg
ワンプロを誰よりも一番楽しんで帰って行った笑福君。

野良の子として産まれた子は、ヒトや環境には弱いけど、イヌ社会には驚くほどの適応力がありまして、どんなワンコとも上手く付き合っていける能力を持っています。誰にでも優しいと言う意味ではありません。先輩ワンコは立てる、自分より弱そうと見たら強く出る、これが自然の掟です。でも、わきまえていますので、ケガをさせるほどのケンカはしません。

社会性のある犬に育つには、3ヵ月齢までは親兄弟と一緒に育つ方が良いと言われます。ペットショップの子たちはなるべく小さくないと売れないので、早くに親兄弟から離されます

小型犬のブリーダーの家に内装工事に入った知人の話です。ヨーキーの仔犬が数頭いて、ごはんを食べさせるのも一頭ずつ、食べ終わったら引き出しみたいな中に一頭ずつしまい込むんですわぁ~ 親も引き出しにひとりで入れられていて、親兄弟で一緒に遊ばせないようにしていたようです。びっくりしましたわぁ~と言っていましたが、さらにびっくりしたのは、工事が終わったころ、仔犬が一頭残っていて、この子もらってください、もしダメなら処分しますと言われたんで、しゃーないからもろて来たんですわぁ。その子が犬が怖い、家族以外はヒトも怖い、数年たっても社会性ゼロです。ウチで遊ばせようとしましたが、ギャン鳴きで入ってくることすら出来ませんでした。

お金のために動物の命を売買するヒトや会社には、愛情は一切ありません。あるのは、どうすれば効率よく儲けられるかのノウハウだけです。典型的なのは仔犬工場です。産むためだけの母犬は、一生外にでることもなく、狭いケージに閉じ込められて、毛はハゲハゲで、足は萎えていますが、年に2回は仔犬を産まされ、産めなくなったら処分されます。

ペットショップに展示されている可愛い仔犬のお母さんについて、もっと注意を払ってほしいと思います。どーしてもブランド犬が欲しい方は、ブリーダーの家に直接行って下さい。お母さん犬が健康で幸せに暮らしている所から買うようにしてほしいです。

by hikaru

ポチっと応援、有難うございます<(_ _)>
あなたの応援が、保健所収容犬の幸せに繋がります

この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村