神戸新聞ウェブニュースに「犬の合宿所in高槻」のワンコたちが紹介されました





お暇なときに覗いてみてください。
by hikaru

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かるちゃんから、追記します。
ライターのOさんから取材のお話があった時、
保護犬と暮らすことは特別なことでも何でもない・・
オンリーワンの、さまざまなタイプの保護犬と暮らす面白さといったら・・!
薄汚れた原石を磨き上げて 
艶々、セレブで賢いステキワンコに育てあげる醍醐味ったら・・・!
と、そんなことを思いながら、
様々なストーリーの持ち主である卒業わんこ達の中から、
ごく一部の卒業犬や一時預かりさんを紹介させてもらいました。
趣旨を理解して下さって、取材に応じて下さった里親さんや一時預かりさん~
本当にありがとうございました!

ライターのOさんからのメッセージです。
 ↓

どのワンコもヒトもエピソード満載で、楽しく取材&執筆できました。

ただ、保護犬たちのことを広く知ってもらうためには、

これからも記事を書き続けていかなければいけません。

採石場で保護されたオハナちゃんはじめ、さまざまな背景を持つ子たちが巣立ったときには、

またぜひ取材させてください。

バゲージボランティアについても、ちゃんとご紹介できればと思っていますので、

そのお話も聞かせていただければ幸いです。

 ↓

ありがたいです。

普通なら譲渡されないと思われてたワンコ達が 家庭犬として幸せに暮らせているという実例が

たくさん紹介されて

特別なことではなく、あちこちにたくさんあふれているような事例になっていけば、

今まで見捨てられてた保健所収容犬達にも幸せに生きるチャンスが増えるってこと。

「人馴れしてないから譲渡不可」つまり殺処分だなんて、とんでもないことです!

犬のことが何もわかってない・・・

犬の可能性を信じてほしい・・・

そして 犬と家族との関係だって、いろんなパターンがあるということも・・。

どの子にもみんな、チャンスをください。




この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村