妃沙ちゃんの願い

先日、妃沙ちゃんのしまんちゅの仲間の一人であるちっちゃいちっちゃいのこちゃんが迷子になりました。しかし関係者達の素晴らしい連係プレーの下無事のこちゃんは捕獲されました。ホントにホントに良かった~♪

そんな事があったほんの数日前、なんと妃沙ちゃんと私預かりちーくんは迷子犬を保護するとゆう体験をしていました。

「な、なんと!! それならばはよ記事にしとけば、ここ見てくれてる人達にも今一度自分ちのワンコ逃がさへんへんようにって注意勧告に繋がったんかもしれへんのに~!!」とのろまな私は反省するばかり...(実は前にりぼんちゃんが逃走した時もその数日前に妃沙ちゃんが逃亡事件起すとゆう事があったんですよ~あの時も「もっと早く記事書いておけば...」と悔やんでたってゆうのに、私ってばホント馬鹿馬鹿!!)

それでは随分遅くなりましたが迷子犬を保護した時の経緯を書かせて頂きます~

あの日も朝から私と妃沙ちゃんはいつもの自然公園の中を張り切って歩いてましたらば、時々会う妃沙ちゃんラブな高齢女性と遭遇。「あ~妃沙ちゃ~ん、会えて嬉しいわ~」。その方と少しお話をして去ろうした時女性の方が少し気になる事を言い出しました。「さっき、あっちの方で小さい犬が男の人の後くっついて歩いてたけど迷子みたいよ...」。それを聞いた私は女性の言うあっちの方へと妃沙ちゃんと行ってみると、そこには本当に小さい犬が一人でいたんです。

それがこの犬

MAV_0096_Moment.7.jpg
(見えにくいけど黒いプードルの雄。仮名プーくん)

一人ぼっちで不安なのかあっち行ったりこっち行ったりバタバタしていて、私が呼ぶと飛んで来ました。見ると首輪に迷子札がついてあったのですぐ電話してあげようと思ったのですが、あいにくそんな時に限って携帯を家に置いてきていた私。仕方ないから一先ずプーくんを家に連れ帰ろうとしてふと見ると、プーくんのお尻は迷子になってしまった恐怖からなのかウンチがベッチョリこびり付いていました。

どう見てもテッシュでは拭き取りきれないようなウンチ量で、抱っこして連れて帰るにはちと勇気いるな~と思いながらも、まぁ仕方ない抱っこしよかと覚悟を決めてからふと妃沙ちゃんの方に目をやると、ダブルリードをしていた事に気がつきコレ幸いとばかりにプーくんの胴に付いていたハーネスに妃沙ちゃんのリード1本を取り付けて家まで連れて帰りました。

MAV_0097_Moment.4.jpg
(とっても役立ったダブルリードのうちの1本のリード)

実のところ妃沙ちゃんは人に対してもだけど犬に対してもコミュニケーション能力が低くて、遊ぼ遊ぼとガンガン来る子や吠えかかってくる子はとっても苦手。いつも散歩中犬に会うとササッと逃げるよーにその場を離れようとします。

なので私を見て嬉しそうに寄って来たプーくんに対して「怖がるんじゃ無いかな~?」って心配でしたが、プーくんは妃沙ちゃん以上に犬に対してびびりだったようで(笑)、妃沙ちゃんの事は全く眼中になく、帰り道に大きな犬と遭遇すると妃沙ちゃんはなるべく早くその場から離れようとするのに、プーくんは怖くて怖くて踏ん張って歩かなくなってしまいました。妃沙ちゃんは逃げようとするしプーくんは石になるしで、仕方無いのでやっぱりウンチまみれのプーくんを小脇に抱えて連れて帰るハメとなったんですが、こんな風に犬に対して怖がりの大人しいプーくんだったので、家の中に入れても特に妃沙ちゃんは怖がる様子も無く、その様子を見てたら「妃沙ちゃんは大人しい子との共存だったら大丈夫なのかもしれないな~」って思いましたよ~。

MAV_0097_Moment.6.jpg
(プーくんだったらお尻匂われても平気~だけどあんまりしつこいとプーくんの顔にプーしちゃうんだから~)

とりあえず家に入れるのにウンチまみれのプーくんのお尻をシャワーして、巻き毛にカチンコチンのウンチがこびりついて取れない所は申し訳無いけどカットさせてもらい、迷子札に書いてある電話番号に連絡すると先方の方はすぐにお迎えに来てくれました。その間約20分でした。

MAV_0097_Moment.3.jpg
(あなたワタチメの寝床に寝るんならケツだけじゃなくて風呂入ってからにして下しゃいよ!)

MAV_0096_Moment.6.jpg
(マンション上層階からの眺めに興味深々のプーくん)

良かった良かった♪

MAV_0096_Moment.9.jpg
(お外ではとっても不安げだったのに家の中でだと楽しそうに走り回ってましたよ~笑)

今回プーくんを保護して思った事

プーくんは元々子犬の頃にペットショップから購入された子なので、人に対しての警戒心が全くなく、とっても人懐っこい子て私でもすぐに捕まえられるような子でした。でも合宿所のワンコ達は違います。同じ犬でも育ってきた環境、生きてきた環境が違うとこう簡単には行きません。

プーくんみたいに人に対して一切怖がらず、人に依存しているようなワンコだったら、迷子札をつけていたらほぼほぼお家に帰る事が出来るのかもしれない(※事故にあったり連れ去りなどがなければ)。でも合宿所のワンコ達はどんなに里親さんに対して心を開いても、家庭犬となって家族以外の人にでも心開けるようになってたとしても、一度人の手によって保健所という恐ろしい場所に捕獲されたという怖い思いは、ずっと心の中にくすぶって一生消えないのだと思うのです。

合宿所では里親になって下さった方に対して首輪やリードに迷子札をつける事をお願いしています。だけど迷子札をつけていても、どうかそれを過信しないで下さい。今うちにいる妃沙ちゃんなんかは、預かり始めた最初の頃いつも家の中でもハーネスとリードを着用していましたが、一人でお留守番させた時なんか毎回それを取り外していました。それである日外出から家族が帰宅した時リードが外れていた妃沙ちゃんがマンションの玄関から廊下に出てしまい、最初の内は遊んでいる風だった追っかけっこもなかなか捕まえられない内に、いつしか本気の逃走劇になってしまってヒヤヒヤしたとゆう事は以前こちらの記事にも書かせて頂きました。

とっ捕まった妃沙ちゃん

PAP_0103.JPG
(どんなに家族に会いたくっても、大好きな家族がそこにいるのはわかっていても、また追いかけられるのは怖い。どうしても怖いんです)

買い物するのに車の中でほんの10分程待っててもらった時なんかは、ナント首輪からハーネスリードまで全て取り外してしまってた時もありました。私と一緒でどん臭い妃沙ちゃんでもこんな事10分でやってのけるのです。なので俊敏な子ならば速攻やってのける事でしょう。

先日の里親会での帰り道

PAP_0100.JPG
(とっても暑かったからちーくんが氷袋脇に挟んでくれました!)

この子達は人間で言うと小さな子供。お外は甘いお菓子の匂いがする遊園地みたいな心弾む楽しい夢の楽園。だから玄関扉が少しでも開いていたり、飼い主さんのリードの持ち手が何かの拍子で離れてしまったりのほんのちょっとのチャンスがあった時には、わーい♪って駆け出してみたくなるのです。決してお家が嫌いなわけじゃ無い。ましてや里親になってくれた家族が嫌いなわけじゃ無い。子供だから、ただただお外が好きなだけなんです。

PAP_0099.JPG
(不動の里親募集No3の座に君臨しているワタチメに氷袋を下さるなんて妃沙ちゃん感激!)

どうか貴方の大切な子供達が駆け出して行った先で事故にあわないように、迷子にならないように、パパやママがいない世界に駆け出して行ってしまわないように、今一度逃走には十分注意してあげてほしいなって切に願います。

妃沙ちゃんからのお願いでした♪

hikaruさんが撮ってくれた妃沙ちゃんサイコーのshot

きさ (3).JPG
(表情が無いと言われるワタチメをこんなおもろく撮ってくれてありがとです! ワタチ不動の里親募集No3の座をはよ返上出きるようにこれからも頑張ります!)


貴方の大切な家族が大好きな貴方とずっと幸せに暮していけますように~

この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村