妃沙ちゃん卒業 前編

こんにちは~ちーくんです。既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私がお預かりしていました不動の里親募集中NO3の称号+複雑怪奇&びびり代表と言われておりました不思議少女妃沙ちゃんが
ついに里親募集欄から卒業する事となりました~今まで応援して下さっていたみなさま本当にありがとう
ございました~♪

私が妃沙ちゃんと出会ったのはまだ寒い時期だった今年の2月下旬。2月の頭に離島の保健所から大阪にやって来た妃沙ちゃんは妃沙ちゃんとそっくりの娘ラヴィちゃんと一緒でした。

3.JPG
(判子押したみたいにそっくり親子の妃沙ちゃんとラヴィちゃんはキサラギ親子と呼ばれていました)

どん臭い母犬妃沙ちゃん。島では蝿一匹捕まえて食べるか、死んだ虫食べるか位のひもじい暮らしっぷりだったのだろうと想像すると、涙無くしては語れませんが、それでも可愛い娘のラヴィちゃんとの暮らしは妃沙ちゃんにとって何にも代えられない幸せな日々だったのだろうと思われます。

13.JPG
(この世の春は娘と共にいることだった妃沙ちゃん)

ラヴィちゃんが捕獲されたわずか10日後にお縄となった妃沙ちゃん。きっと自分も捕獲されたらまたラヴィ
ちゃんに会えると思ったんでしょうね...

9.JPG
(いつも娘の盾になるようにしてラヴィちゃんの事を守ってました)

なので来阪して来てすぐ娘のラヴィちゃんと別々の預かりさんの下に行った時、妃沙ちゃんは愛する娘と離されたショックでパニックをおこして大騒ぎしてたそうです。(※この子は普段メチャクチャ大人しいんですが限界超えた時の有様は何かに取り憑かれたか?って位ハンパ無いエクソシストなので最初の預かりさんはさぞや大変だっただろうにと思ってます。hさんその節は本当にご苦労様でした)

のちに2度目の預かり先である我家にやって来る事となる紀沙ちゃん。

(辛いわ~)


実はその頃の私は一月ほど前に11歳だった愛犬ちーくんを注射の副作用で亡くしてしまったばかりで自暴自棄になっていました。元気だった愛犬が突然いなくなってしまった私は悲しくて寂しくて辛くてどうにかなってしまいそうだったので、これではいけないと思い以前お世話になった事のある犬の合宿所in高槻のかる
ちゃんに保護犬の預かりをさせてほしいとお願いしました。

特にどの子を預かりたいと私から希望を出したわけではありませんでしたが、亡くなった愛犬が男の子ですごい甘えん坊だったので、出来たら女の子で愛犬とは違うタイプの子がいいと言うと、本当に亡き愛犬を思い出す要素の全く無い妃沙ちゃんとゆう名の子が我家にやって来る事となりました。

人が怖くて犬も苦手。お散歩も出来ない。ご飯もあんまり食べてくれないし食べると吐く。そして下痢をする。コミュニケーション能力に難有りで喜怒哀楽の表現が全く無いとゆうけったいな女の子がやって来た時には、最初こそ亡き愛犬にやってあげられなかった事全てを「この子にやってあげよう~!!」と勢い勇んでみたものの、その後次々と訪れる試練に泣きたい気分になった事は数知れず~。

特に心配だったのはご飯をあまり食べない事とすぐに下痢をする事...愛犬が死んでしまったばかりの私に
とってこの2つは不安要素が大きく心砕けるものでした。

IMG_0010.jpg
(だって人から食べ物をわけて貰うなんて経験無かったから変なもの入ってるって思ったんだもん!)

だけど泣きたいのは私だけじゃ無いハズ。妃沙ちゃんだってあんなに大事だった娘と離されてしまって、こんなわけわからん女んとこ来てしまってと、妃沙ちゃんの事をとても不憫に思う時、自然と私の口からいつもこんな言葉が出てました。

「妃沙ちゃん、私も大好きなちーくんとはもう会えないの。妃沙ちゃんと一緒だね、寂しいね。だけど大丈夫だからね、妃沙ちゃんは大丈夫...」

種族は違えど大事なものを失ったもの同士。支えあって行けたらいいな~って思ってましたがそれはめっちゃメラメラ甘かった...(笑)。

PAP_0002.JPG
(愛情たっぷり作った手作りご飯の中のフードだけ食べて後は残す妃沙ちゃんを舐めたらいかんぜよ!)

喜怒哀楽の無い妃沙ちゃんはいつも無表情。当然尻尾なんて振りやしません。なのでご飯をあげてもお散歩に連れ出しても嬉しいのかどうかわかりません。だけど預かりの私にしてあげられる事なんて他に無いので、毎日どんなものを作ってあげたらパクパク食べてくれるかとか、お散歩もどのコースが好きかとか、色々探りながら妃沙ちゃんとは付き合って来ました。我ながら一生懸命やってたつもりだったけれど、里親会に妃沙ちゃんと参加してそこに来ている合宿所の保護ワンコ達と会うたびにドドーンと落ち込む日々...

他の子達は里親会で沢山の犬たちと会えて嬉しいのか犬らしく目をキラキラさせてワンプロしていたり、妃沙ちゃんが食べないからって持って行ってたおやつを「おいちーおいちー!もっとちょーだいっ!!」って、怖がりと言われている子でも私の手からおやつをパクパク食べてくれたり、そのお礼に体を触らせてくれたり、そんな子達を見るにつけとても羨ましく思ってしまう自分がいるのです。

「あ~あ、せめて妃沙ちゃんもご飯くらいパクパク食べてくれる子やったら良かったのに...」

そんな風に思ってしまう自分がものすごく悪人に思えてしまって、妃沙ちゃん対して悪いと思えてしまって、里親会に参加するといつもすっぱいレモンをかじった後みたいな何とも言えない苦い気分になってしまってました。

私を羨ましがらせた素晴らしきワンコ達

其の1、マー兄弟

P1800078.JPG
(怖がりやとゆーのに私がどこで他のワンコらにおやつあげてても必ず「ちょーだいちょーだい!!」ってやってくる食いしん坊兄妹♪)

其の2、ポーリン

P1810164.JPG
(散歩でけへん姫やで~ゆーても自ら側に来てくれておやつも食べてくれて撫でさせてもくれるてんだから可愛いったらありゃしない♪)

其の他のプリティーたち

P1800087.JPGP1800285.JPG
(他にもプリチーは沢山おるけどとりあえず年配者から宣伝するのです♪ りゅうくんもモーくんも人馴れしてて可愛いですよ♪♪♪)

長く里親募集欄に名前が載ってる子達はそれなりにクセの強い子もいますが、それでも美味しいおやつを欲しがるだとか、撫ぜてほしくて顔を差し出すとか、そういう犬らしい感情を出してくれるわかりやすい子はそれだけで可愛く見えるものでした。

それに比べて妃沙ちゃんと来たらホンマわかりにくい子。少しはうちでの暮らしに慣れて来てしばらく続けてご飯を食べてくれてても、また急に何かを怪しんで食べなくなる。昨日まで上手にお散歩が出来てたハズなのに、急にまた歩かなくなる。そして下痢をする。何かほんの少し良い事が続いてても安心するとまた必ず振り出しに戻る。それどころか後退する時だってある。こちら側が一生懸命にやればやる程距離が出来てしまうという不思議な妃沙ちゃんなので、いつも世話をしてる私からはずっと逃げ回ってても何気にお客様の真横にチョコンと座ってたり、大して世話してない夫からは逃げ回らないのです。

ホント心ズタズタでしたね~

PAP_0001.JPG
(私から行くと逃げるくせにいっつも私のこと見てて後ついてまわるのが妃沙ちゃんの複雑怪奇。笑)


妃沙ちゃんとの暮らしは私にとってすっぱすぎるレモンをかじるような日々だったと言っても決して過言では無いのでありました。


つづく
(※想像以上に長かったので2回に分けます~Iさんごめんなさーい!)


この記事へのコメント

  • hikaru

    ちーくんさん
    杞紗ちゃん報告、面白くて何度も読み返しましたよ。
    不動産になってしまいそうな子たちの宣伝まで入れてくださり
    有難うございます。
    杞紗ちゃんのこれまでの犬生は、むっちゃつまんない、面白くない、
    辛いだけの数年間だったと思います。可愛がられたことも、
    毎日きっちりごはんをもらったこともなく、ただ本能にまかせて
    子供を産んでただけの、ただ死なないだけの犬生だったでしょう。
    心を開くこと、ヒトを信頼すること、美味しい物を美味しいと感じること、
    そんなフツーのことの意味を知らない子に見られる、無関心、無感動な
    杞紗ちゃんを受け入れて下さったこと、本当に感謝しています。
    これから少しずつ、杞紗ちゃんに変化が見られると思います。
    ちーくんの杞紗ちゃんシリーズとして、時々報告をお願いしたいです。
    2019年11月04日 18:38
  • ゆめの母ちゃん

    「ちーくんのきさちゃんシリーズその2」を、まだかまだかと今日1日待っていました!
    でも、思っていた通りの場所で幸せになったんですね。その2楽しみにしています😉
    2019年11月04日 19:01
  • ちーくん

    hikaruさん
    妃沙ちゃんの個人的な事なのでなるべく短く書かんとあかんと思いながら
    どえらい長文なっちゃってすみませんでした~(1回でいけると言っておきながら...笑)
    この記事が面白く見えたのはひとえにhikaruさんの素晴らしい写真のおかげですよ~♪
    この写真が無い事にはこの記事は成立してませんので使わせて下さって
    本当にありがとうございました~。

    宣伝はホント大事ですね。この妃沙ちゃんでも宣伝してたら何人もの方が
    里親会まで足を運んで下さいましたから(笑)。

    私たち家族が妃沙ちゃんを受け入れたとゆーより妃沙ちゃんが私たちを
    受け入れてくれた事が本当に嬉しくて感謝です。
    トライアルって人間側からしたら犬のお試しなのかもしれないけど
    ひょっとしたら犬の側からすれば人が試されてる期間なのかも
    しれないな~って妃沙ちゃんを見てて思いました。
    (良かった、下痢便続きまくってたあん時合宿所に送り返さなくって...笑)


    ゆめの母ちゃんさん
    ゆめちゃんのお母ちゃまにはいつも里親会の時にお世話になってます~。
    里親会でゆめちゃんの姿を見かける度に、なんか会場全体がゆめちゃんや
    お母ちゃまに守られている感じがしてました♪ これからも会場の守り神として
    ず~っとゆめちゃんと参加して下さいね♪

    シリーズ2楽しみにして下さっていたのにUPが遅くなってしまってすみません。
    一応記事は全て構成などを夫にチェックしてもらってからUPしてたので
    遅れてしまいました。多分シリーズと言ってもこれで終わりなので楽しんで
    頂けてたら嬉しいです~。またどこかでちょびっと妃沙ちゃん似のゆめちゃんと
    お会いできますように...
    2019年11月05日 18:20
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村