妃沙ちゃん卒業 後編

不思議少女妃沙ちゃん相手に身も心もズタズタにされてた預かりちーくん。

だけど月日ってホント不思議ですね~あんなに落ち込んでたのにだんだんと妃沙ちゃんに傷つけられるのにも慣れてきて(笑)、あれ程心配だった妃沙ちゃんの偏食や下痢も「ああまたか、仕方ないな~」って思えるようになってきて、表情がほとんど無い妃沙ちゃんだけど、私が出かける用意をしてたら寝てても起き出
して来る様子を見てたら「お散歩行きたいんかな?」って事がわかるようになってきて、そうこうしてる内になんとなくだけどコミュニケーションが取れてる風な感じになってくると、私の中の必死感が薄まって来たのが功を奏したのか妃沙ちゃんも少しずつ変わって行きました。

IMG_0108.jpg

里親会に行くたびに下痢をしてたのもいつの間にか治まり、あんなに怪しんでた私の作るご飯も食べてくれるようになり、毎週末夫と3人で買い物に行く時には夫と妃沙ちゃんにはいつもスーパー近くの広場で待っててもらうのですが、私が戻って来るのが見えると走って私の側まで来てくれるようになり、今では夫と妃沙ちゃん2人を置いて私がスーパーに行こうとすると「ワタチも行く~!」ってリードを持ってる夫の手から必死こいて逃げるようにもなり、そしてついには車の中で夫と妃沙ちゃんを待たせて私が出て行くとキュ~ンキュ~ンと可愛く鼻鳴きするまでに...

喜怒哀楽を表現する事が極端に苦手でコミュニケーション能力0と言われ続けて来た妃沙ちゃんが、人と
暮らし始めて8ヶ月が経つ頃には確実に変化していました。

PAP_0000.JPG
(ワタチ頑張ったわ!)

「う~ん。これならもうどこにでもお嫁入り出きるよね~♪」って浮かれ気分で過ごしてた10月初旬。トイレシートでチッコする事を完璧に覚えた妃沙ちゃんを外が好きだからと頻繁に散歩に連れ出すようになってくると、なんだか歩き方がトボトボと元気が無いように見える時があり、心配になった私は獣医さんに駆け込みました。すると内臓器官などには特にこれといって悪い所は無かったのですが、妃沙ちゃんの両方の足が
どちらも膝蓋骨が内方脱臼しているとかで、これからもっとひどくなって見るからに歩き方がおかしくなって
きたり傷みが出てきたりしたら手術になるよと言われてしまいました。

その時、預かりの私はすぐ先生から大まかな手術内容及びそれに伴う費用を聞きだすと、これからどうゆう風に節約して手術費用を捻出させるかとか、なるべくなら手術をしなくて済むようにこれからは少しでも足の負担を減らすべく芝生公園の方を歩かせようとか、そういった事を頭の中でグルグルと考えてる自分に気がついた時、私は悟りました。「もうこの子とは離れられない」と...

とゆーわけで長くなりましたが私預かりちーくんが妃沙ちゃんの里親になる事になりました~チャンチャンッ♪

IMG_0620.jpg
(なんですってっ! でも里親って何ですか? 里イモの親戚ですか?)

合宿所のhikaruさんから難しい子の里親になるのには色々と葛藤があったでしょうと問われましたが、葛藤ですか...葛藤...う~ん葛藤、何でしょうね~? 今となってみたら全てが、本当に全てが、楽しい思いでなんです(笑)。

IMG_0791.jpg
(迷子札に書く電話番号はパッと見ただけでもわかる位大きい方がいいってちーくんが言ってました!)

今だって家の中では何気に警戒して名前呼んだって全然来てもくれません。相変わらず尻尾も振らないし、寝て.ると思って側に行くとス~っと場所移動するし、おやつだって決して手からなんて食べてくれない妃沙ちゃん。

だけどそれでいいんです。人も色々だけど犬も色々。人間の子供だっていつもママの側にくっついていたいって子もいれば、自分の部屋にこもってるのが好きな子もいる。それでも家族は家族。何ものにも変えられない大切な存在です。だから犬だってそれでいいじゃない。呼んだって側に来てくれなくっても、尻尾振ってくれなくっても、それでも共に暮してさえいれば、いつの間にか家族にだってなれるしかけがえのない我が子にだってなる。決して代わりの利かない尊い存在になっている。


すっぱいレモンだった私の日々が、気づいた時にはレモネードのような日々に変わってた。


それが妃沙ちゃんと私の8ヶ月でした。


IMG_0013.jpg


これから保護犬を家族に迎えてみようかな?と思って下さった方がいらっしゃったらどうか忘れないで下さい。一目会ったその日から恋の花咲く事もある~♪的な一目ぼれの盲目的なワンちゃんに出会えたなら、
それはとってもラッキーで素敵な事だと思います。だけど一目会ったその時にはわからなくても、この子
何か違うよな~ピンとこないな~って感じてても、2週間、1ヶ月、1ヵ月半、2ヶ月と共に暮して行くうちに、
「あら?いつの間にか恋の花咲いてたや~ん!」ってなる事もあるのだとゆう事を...

それも溢れんばかりに満開に咲く恋の花が...

ももちゃん花_完成.jpg
(それでも~恋は~恋~♪)

トライアル期間は通常2週間程度とされていますが、保護犬には色々なケースの子がいて2週間なんかじゃとても判断出来ない難しいタイプの子も中にはいます。そんな時には「あまり長くトライアルしても結局家族に迎えてあげられないんだったらうちに慣れるだけその子が可哀想...」なんてことはあまり心配されずに、
トライアルはなんぼでも長期戦でしてあげて下さい。犬との相性なんて恋と一緒。一目ぼれな恋もあれば
長い間一緒にいる事でじんわりと芽生えて来る静かな恋だってあるのです。私がそうだったように...

しかしまさかの複雑怪奇&びびり代表に恋しちゃうとは...(笑)

IMG_E0843.JPG IMG_E0844.JPG
(むぐぐ、、、芸能人と犬は歯が命ってちーくんが言ってました!)

だけどトライアルとは言っても貴方の家に保護犬がいる時には、どうかその子の事を自分の子供のように大切に育ててあげて下さい。いつも優しい目で見てあげて下さい。保護犬達はどの子もみ~んなかるちゃんやhikaruさんの大事な大事な子供であり家族なのですから...


貴方の愛情とゆう名のエッセンスでパパやママを待っている保護犬達がみんな幸せになりますように~


きさ (3).JPG
(ちーくんがねワタチといると幸せ~っていつも言ってくれるから、ワタチも幸せなんです!)


最後になりましたが、かるちゃん、hikaruさん、妃沙ちゃん改めももちゃんを私たち家族に託して下さって
どうもありがとうございました♪


「我が家に娘が出来ました♪」


IMG_0761.jpg
(ワタチメにもモザイクを...)



この子と出会わせて下さった全てのみなさまに感謝を込めて...

                       ちーくんこと不思議少女ももちゃんの母より

この記事へのコメント

  • ナビ君ママ

    妃沙ちゃんの記事を読みながら、これはうちの子の話なのかと思いましたよ、
    うちのナビ君は、お散歩ですれ違う知らん人に、嬉しそうにじゃれつきます。ご近所では人懐っこい犬と言われています。
    でも、うちの中や私の前では、無表情で
    呼んでもきません。お座りもしません。
    おやつで釣ろうとしても、「じゃあ要りません」とスタコラサッサと玄関の下駄箱下に逃げこんでしまいます。
    もう3年以上暮らしているのに、ご飯も恐る恐る食べてますものね。
    そんなナビ君が、どうしようもなく可愛い
    と思えるので、まあいいかって…。
    妃沙ちゃんは娘を守って生き抜いてきたんですもの。すごい子ですよね。えらいです。これからは、優しいご家族に守られて、幸せに過ごしてくださいね。
    本当に良かったです。
    2019年11月05日 08:31
  • hikaru

    ちーくんママさん
    杞紗ちゃんは何らかのトラウマをかかえた子たちの希望の星です。
    次なる変化があったとき、続編をお願いしますね。
    2019年11月05日 15:35
  • きっちゃん

    昨日、久々に合宿所のブログを開けると妃沙ちゃん卒業の文字が。とても嬉しく思い早速記事を読みました。何と!預かりさんのちーくんさんが飼い主さんになられたと。
    私、ももちゃんの娘、ラルゴ(ラビィ)の母です。(大阪に来た当時の事を知らなかったので、ももちゃんの母性に涙しました。そして納得しました。息子に自分より娘の事を頼むはずですよね。娘のラルゴは本当に幸せ者です。)
    前回メールで娘を飼って欲しいと伝えてきたとお伝えした時には書かなかったのですが、息子が言ってたんです。妃沙ちゃんの預かりさん、私が飼いますってもうすぐ言いはりそうって…。現実になって、ビックリ!我が家一同、大拍手で喜びましたよ!
    それにしても、姿を見つけて走って来てくれたり、離れるとキューンと鳴いてくれるなんて羨ましい。らーちゃんもそのうちしてくれるのかなぁ?でも、そんな事してくれなくても、何て愛おしい子なのって思えるとびっきりの可愛いワンコなんですけどね。又、近況報告して下さい。楽しみにしています。
    2019年11月05日 16:35
  • ちーくん

    ナビ君ママさん
    ナビ君の事は私が大好きだった伝説の美少女アンジェリーナお梅ちゃんがいた
    時期なのでよく覚えてますよ~♪
    ナビ君は若くて可愛くて人懐っこい子のイメージでしたがそうでしたか、やはり元々
    野犬とか野良犬だった子だから怖い想いも沢山してると思うので何かしらの
    トラウマはきっとあるのでしょうね...。こうゆう子たちって外では活発だけど
    家では大人しいって子が多いのは、やはり閉塞された感のある家の中よりも
    外の方が「いつでも逃げられる!」と思ってのびの~びするのかな?

    「まあいいか」って気持ち大事ですよね?こういう子達ってあんまりこっちが期待すると
    負担に感じるみたいだから、私はなるべく無理強いはしないよ~にしてたら
    知らない間に大好きになっちゃってました(笑)。この気持ちナビ君ママさんには
    わかってもらえますよね?ね? 前にこうゆう関係の里親さんからコメント頂いた時
    「片想いしてるみたい」って仰ってましたが、まさしくその通りで片想いだから
    切ない時や寂しい時もあるけれど、片想いできる相手がいるって事が今の私には
    本当に嬉しくて、幸せで、妃沙ちゃんに素敵な片想い中の私なんです(笑)。

    ナビ君ママさんもこれからもず~っとナビ君に恋して、どうかお幸せに♪


    hikaruさん
    良かった~不動の里親募集中NO3、複雑怪奇、びびり代表以外にもっと
    何か良い呼び名は無いんかい!って思ってたらここへ来て「希望の星」とゆう
    なんかどえらい素晴らしい称号頂きました(笑)。どうもありがとうございます~

    それとまたまたここでもお写真貸してもらってありがとうございました! 私
    あの妃沙ちゃんの嬉しそうな写真一番好きなんですよ~♪ 最初の頃の
    里親会では絶対見せなかった顔だもの。これからもあの笑顔が続くように
    猫可愛いがりしますっ(笑)!!

    妃沙ちゃんの場合これ以上変化するかどうかわかりませんが、この先
    ものすご~い事になったらば、またここにおじゃまさせて頂きますね。

    hikaruさん本当に色々とありがとうございました。妃沙ちゃんを幸せに出来る
    ようにこれからも頑張ります♪


    きっちゃんさん
    ラルゴちゃんの母様でしたか~トライアル失敗の時には優しいメールを下さって
    本当にありがとうございました~そうなんです。ラルゴちゃんは妃沙ちゃんの命
    だったと言っても過言では無い子なのでこれからも優しいきっちゃんさんご家族で
    妃沙ちゃんの分までラルゴちゃんの事をとことん可愛がってあげて下さいね。
    そしたら妃沙ちゃんもきっと喜びます...(涙)

    だけど面白かったのは、実は私はきっちゃんさん宅に妃沙ちゃんを迎えて
    もらいたいってずっと思ってたんですよ(笑)。里親会にいらして下さった方々も
    キサラギ親子の話をすると「この子は娘と一緒に暮せたら一番幸せでしょうね」
    って言ってて、私もうんだうんだって思ってて、それから妃沙ちゃんの哀れな
    記事を沢山書いてたら、その内善良なきっちゃんさんご家族から
    「仕方ない、妃沙ちゃんもうちの子に!!」って言ってもらえるかと思ってたんですが
    妃沙ちゃんの足が悪いとわかった時に「あかん、もう何と言われようと私がもらう」
    ってなっちゃいました(笑)。もし妃沙ちゃん引き取ろうって考えて下さってたのなら
    ホントごめんなさ~い。

    ラルゴちゃんの方が妃沙ちゃんよりもずっと先行ってると思ってましたが
    まだ走って来たりキュ~ンは無いですか?多分その内しますよ。その時を
    楽しみに待っててあげて下さいね。怖がりの子はこんな風に時々最高の
    プレゼントをくれますので... ラルゴちゃんと妃沙ちゃんのそっくりくりくり親子
    いつかどこかで会えたらいいですね♪
    (余談ですがきっちゃんさんご家族は音楽やってるんですか?ラルゴちゃんて名前が
    音楽用語なので...実はうちも夫がピアノやってて妃沙ちゃんはいつもクラシックが
    BGMだったりします~笑)

    2019年11月05日 23:43
  • ゆめの母ちゃん

    待ってました!
    妃沙ちゃん改めももちゃん、おめでとうございます❗
    預りが長くなると、その子のいい所も悪い所も全部可愛いくなりますよね。
    ゆめも8ヶ月の子犬4匹を連れて石垣島の保健所に収容されました。お母さん犬には苦労した分、幸せになってほしいです。
    妃沙ちゃんの膝が大事に至りませんように。
    2019年11月06日 13:08
  • とある卒業犬の母

    ももちゃん、よかったね!!
    そこがももちゃんのお家で、目の前の優しい方がももちゃんの本当のママだったんだね。
    ももちゃんが可愛くていい子だからっていう理由じゃなくて、そのままのももちゃんを丸ごと愛してくれる家族ができたんだね。
    ももちゃん、心から愛してもらえるってうれしいねえ、とっても気持ちがいいことだねえ。
    ももちゃん、捕まえられたりとか飛行機に乗せられたりとか、つらいこともたくさんあっただろうけど、これからはもう大丈夫、どこにも移ったりしないし、絶対に怖い思いなんてしなくて済むよ、ママとパパが守ってくれるよ、本当に安心できる毎日になるんだよ。
    オバチャンのお家にも、ももちゃんにそっくりなお姉さんがいるんだけどね、いてくれるだけでたくさんの幸せをもらってるの。
    ももちゃん、あなたはとても運の強い子、とても幸せな子ね。本当によかったね、ももちゃんが知らない人たちも、みんな今のももちゃんの幸せを大喜びしているんだよ。
    2019年11月06日 13:08
  • 大豆・コルテス 母

    改めて、それぞれのワンコにそれぞれのドラマがある事を思いました。そして、預かりさんと里親さんにも。ちーくんさんが書かれた妃沙ちゃんへの率直な気持ちには涙しました😭作られたストーリーだと美しい出来事ばかりかもしれませんが、実際には苦しみや葛藤が多いんですよね。それでも家族になるのは、運命ですよ、きっと。^_^妃沙ちゃん、ちーくんさんお互いが引き寄せ合ったのに違いありません❣️どうぞ末長く❤️お幸せに‼️😊里親さんになられるまでの軌跡、素晴らしいものを読ませていただきました。ありがとうございました🙇‍♀️
    2019年11月06日 19:46
  • きっちゃん

    ちーくんさん、そうだったんですか。
    らーちゃんのトライアルを始める時に、保護犬の親子は結束が固くなってしまうので別々に飼わないとダメなんですって言われていたんです。それで、ももちゃんを飼えなくて。でも、ちーくんさんが飼い主になって下さって本当に嬉しい限りです。
    ラルゴは…そうなんです!音楽用語のlargoなんです…と言いたいところですが、ある漫画に出てくる雌犬の名前から息子達が名付けました。性格的には、確かにゆったりとはしていますが無表情です(笑)でも、目では語る語る。今では家族全員が何を言ってるのか理解できて、ハイハイ 遊ぶのね、お腹すいたのね、お散歩行きたいのねって普通に会話をし、皆にチヤホヤされながら過ごしています。身体も一回り大きく成長しましたよ。いつか、ももちゃんと再会出来る日を楽しみにしています。
    2019年11月06日 21:05
  • ちーくん

    ゆめの母ちゃんさん
    そうなんです! 妃沙ちゃんはちょっと限界超えるとグレムリン超限界超えると
    エクソシストになっちゃうのが最初の頃は怖くて怖くて(笑)、何か得体の知れない
    怖さのある子やな~ってずっと思ってましたが、その内どーしたらそうなるのか
    研究して行くうちにすっかり妃沙ちゃんワールドにハマってしまいました(笑)。

    ゆめちゃんは心も体も健全な大らかなお母さん犬だったから子犬たちも
    健やかに育ってくれてて何よりでしたよね~だけどお外で4匹もの子を育てあげた
    ゆめちゃんは本当に素晴らしいです! ゆめちゃんに会うといつも守られている感が
    するのはきっとゆめちゃんの持っている大らかな母性からなんだろな...
    ちなみに妃沙ちゃんのお膝は大丈夫ですよ。今まで飼った子で膝蓋骨のおかしい子は
    何頭もいて中には脱臼したら自分で後ろに足をピーンと延ばして上手にはめる子も
    いましたがどの子も筋肉をつけて段差に気をつけ体重管理する事で手術までには
    いきませんでしたので妃沙ちゃんもそれでやって行くつもりです。
    一応先月から妃沙ちゃんの足預金は始めましたが...(笑)

    温かいコメントありがとうございました~ゆめちゃんは素敵なママと出会えて本当に
    幸せですね!


    とある卒業犬の母さん
    前にコメント下さった方かな?あの時はありがとうございました。そのままのももちゃんを
    愛するとゆうか愛してる事に気づくのに時間がかかりましたが(笑)気づけてよかったです。
    最初の頃はホント心配が多すぎて正直早いとこトライアル決まってくれたらってずっと
    思ってたんですが、実際トライアルに行かれると何故か寂しくて、それでもその寂しさが
    妃沙ちゃんに対する愛情なのか、ずっと犬を飼ってたので犬がいない生活がただ
    寂しいだけなのかの判断がなかなかつきませんでした。他の子を見て羨ましく思ってたし...
    それでトライアル失敗に終わったからって張り切って迎えに行ったのに妃沙ちゃんったら
    私を見て全然嬉しそうにもしなけりゃ~トライアル家族さんがお帰りになる時には
    「ではワタチメはこれで...」ってトライアル家族さんの後サッサとついて行こうとして...
    どんだけ私を落ち込ましたら気がすむんや!!って(笑)。これが妃沙ちゃんなんですよ。
    だけど今はそうゆうとこが面白くて可愛くて、きっと一生かけてこの子を研究して行くのが
    これからの私の生きる楽しみになるのかなって思ってます。

    とある卒業生の母さんは私なんかよりずっと優しいママなのは文章を見てたらわかる
    ので、ももちゃんそっくりのお嬢さんはものすご~く幸せに暮してるんだろうな...


    大豆・コルテスくんの母さん
    本当に保護犬たちはみな10ワンいたら10色のドラマがあるのだと思います~。
    コルテスくんもそうですよね、可愛い顔したマミちゃんが大事に育ててた赤ちゃん
    見た目と違いとってもヤンチャだったから(笑)、育てるのはかなり大変だったと
    思いますが立派に育てあげられててホントスゴイです! コルテスくんの母さん
    頑張りましたね~♪

    そうですね、あの日かるちゃんに預かりをさせてほしいとお願いしたら妃沙ちゃん
    と言われて、ただのびびりの子かと思ってたら意外と大変な子だったからなかなか
    里親さんが決まらず...ここがポイントだったと思います。すぐに里親さんが決まる子
    だったら絶対うちの子にはなってなかったですものね。ホント妃沙ちゃんが複雑怪奇で
    良かったです(笑)。大してドラマチックな軌跡ではありませんでしたが喜んで頂けて
    本当に良かったです。いつかママ犬とその子供達みんなで会えたら嬉しいですね♪


    きっちゃんさん
    そうなんです。だけどきっちゃんさんが最初に聞いてたように親子は結束が固いので
    最初からキサラギ親子を飼うとかは難しかったと思いますが、ある程度人馴れして
    来てたラルゴちゃんなのでそこに妃沙ちゃんが後から入るのは出来たかと...ただね
    里親会でラルゴちゃんを見つけた妃沙ちゃんは必死こいてラルゴちゃんの所に
    行ってたんですがとうのラルゴちゃんはそう喜ぶでも無く~って感じだったんですよ。
    なのでこの親子はどちらかとゆうと妃沙ちゃんがラルゴちゃんに依存してたとゆうか
    精神的に頼ってたとゆうのが正解かと思います。妃沙ちゃんは精神的に脆いとゆうか
    健全に発達しきれてないタイプの子なので...なのにそれでも子供を産んで一生懸命
    育ててたとゆうのが涙無くしては語れないのです。

    マンガに出てくるラルゴちゃんとゆうと昔ブラックジャックってマンガに予知能力のある
    ラルゴって名前のワンコが出て来ましたがそれは古すぎて違いますよね?(笑)

    目で語るラルゴちゃん可愛いですね~いいな~。最近私たちの夕食時間に
    妃沙ちゃんは私の作った野菜たっぷり入れてるけどわからんおじやを食べさせて
    るんですが、それが美味しいみたいで毎回3杯おかわりするんですが
    その時の目がメチャクチャ据わってて怖いんですよ。「はよ俺のおかわりよこせや!」
    ゆーてるみたいな(笑)。まさかラルゴちゃんはこんなんじゃ無いですよね?
    2019年11月07日 00:39
  • きっちゃん

    笑笑笑 据わった目で催促って、ももちゃん可愛い過ぎます〜♡
    らーちゃんは、ももちゃんに大切に大切に育てられていたからかとっても純粋なんですよ。女の子的な意地悪な性格も全く持ち合わせておらず、ピュアな少年の様。
    おやつ♪くれますか?ってキラキラした瞳で見つめてきます。そして、お座りして待つんです。瞬殺です(笑)
    お散歩の時には姉の前で、行きましょってキラキラ。遊びたい時には、お気に入りの膝掛けを持って、息子の前でキラキラといった具合です。我が家族の口癖は、らーちゃん(ラルゴ)かわい〜♡かしこ〜♡です。
    完全なバカ家族をやってます(笑)
    そして、ラルゴはそうです!ブラックジャックのラルゴです。息子達の唯一の漫画愛読書(何でそんな古い漫画をって思いますよね。私も不思議なんですが…)で、ももちゃんにそのラルゴちゃんのイメージを重ねたのかもしれません。息子に飼ってと伝えてきたのはももちゃんで、らーちゃんは、只々 何も考えておらず怖そうにしていただけだったそうなので…親の心子知らずで、母がどんな苦労をして生み育ててきたかなんて、分かってないんですよね。ああ、ももちゃん、あんなに可愛い子を守り育ててくれて本当にありがとうございますぅ!
    そして、これからも、ちーくんさん家で沢山の愛を貰って下さいね!
    2019年11月07日 23:51
  • ちーくん

    きっちゃんさん
    いえいえ、可愛いとは程遠い据わった目なので「目で語る」と仰ってたラルゴちゃんが
    まさかのあの目してたらと少し心配になりましたがラルゴちゃんはキラキラ~♪って
    妃沙ちゃんが絶対しない目でお話されると聞いて心底ホッとしましたよ(笑)いいな~
    普段はホント大人しくて「ワタチは~」って感じの乙女チックな感じなんですが
    おじやの時間だけは「俺のおかわりはよ出さんかい!」てこっわい目するのが
    可愛くは無いけど面白い妃沙ちゃん。だけどやっぱりすぐには食べないんですよ。
    出すと「変なもんは入って無いだろーな?俺はすぐ下痢すんだからな!!」って
    クンクンと確認してからおもむろに食べます(笑)。

    なんか話聞いただけでも可愛らしいラルゴちゃんですね~多分母の妃沙ちゃんが
    怖くてエクソシスト化する事はあっても、怒るとかそういう感情が無い子なので
    ただただラルゴちゃんを可愛がって育ててたからラルゴちゃんもイケズなとこが
    全く無い純粋な子に育ったんだと思います。自分より大きくなったラルゴちゃんの
    体をいつもクチュクチュしたり舐めてあげたりしてたようですから...

    ブラックジャックのラルゴの話ってちょっと悲しいんだけど確かに妃沙ちゃんって
    ああゆうタイプやろな~って思います。メチャ周りを見て考えてる子。
    夫曰く妃沙ちゃんは「天才犬」なので...(ごめんなさいうちも親バカ満載で~す♪笑)

    お話沢山聞かせて下さって本当にありがとうございました。とても嬉しかった~♪

    2019年11月08日 09:38
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村