リキシ、甘える。

かるちゃんです。
我が家の、超びびり犬・ジヨンちゃんのことを 少しお話しさせて下さい。
怖がり野犬のお母さんから こわがり遺伝子を受け継いじゃった、超怖がり子犬だったジヨンちゃん。
↓ ソファの下、かる子のベッドの下、ケージの中、の3か所だけで過ごしてました。
子犬のジヨン.jpg
3か所間の移動は、人に気付かれないようにささささ~っと、まるで忍者。

オトナになってからも、
犬連れ以外の人には遭遇しないような、深夜・早朝の強制散歩以外は、
一日の大半(人の生活音が聞こえる時間帯)を、
玄関から一番遠い奥の部屋の、かる子のベッドの下に引きこもって過ごしてました。
ジヨンの巣2.jpg 
(かる子は、ジヨンのために、高さがあるベッドに買い替えましたよ~)

外で何か気になる物音がしたら、
丸一日、ゴハンを一口も食べられないなんて、しょっちゅう・・。
引き籠りジヨンジヨンの巣1.jpg
それを、子犬の時から、ず~っと。

車に乗せると、5分もしないうちに よだれダラダラ+ビビりウンチもしてたけど、
めげずに しょっちゅう 他の犬達と一緒に山や川に連れて行ってたら、
自然の中でだけは、水を得た魚のように のびのび生き生きと走り回ってる
もちろん、車大好き!に変わりましたよ~。
そして、5年を過ぎた頃からようやく、私やかる子が帰宅した時には、
他の犬達からずいぶんと遅れてだけど、シッポ振って玄関まで迎えに出てこれるようになって、
もうすぐ7歳という今じゃあ、誰よりも早く奥の部屋から飛び出してきて
「お帰り、お帰り~」って、飛びついてさえくるようになりましたよ。

ビビリっこの進歩って、すご~くゆっくりで、年単位ではあるんだけど、
毎年確実に 少しずつ変化していく姿を見るのって、すご~く楽しみなんですよ。
ビビリっ子と暮らす醍醐味って、
何歳になっても成長していく、その変化に感動できることですね!

そんなジヨンちゃんですが、
先日 かる子が帰ってきた時に、
「お姉ちゃん、お姉ちゃん、おかえり~」って走って出てきて、
オーバーリアクションで かる子に抱きついて、
「好き、好き~」ってお顔ぺろぺろまでしてたら、
↓ 写真の右後ろの部屋で寝てたリキシがいそいそと出てきて
「ねえ、ねえ、僕も~」って、地味に甘えに来たよ!
リキシ甘える01.jpg リキシ甘える02.jpg
リキシ甘える03.jpg

コワモテで寝顔さえふてぶてしく見えるリキシ君だけど・・・
リキシ甘える04.jpg

「触って~」って 大きな手が伸びてくることもあるし、
リキシ甘える05.jpg

おっきな顔をズズイと近づけてくることもあるし、
リキシ甘える06.jpg

日に日に可愛くなっています。
リキシ甘える07.jpg

でも、今のところ、
いつでもこんなお顔を見せてくるのは かる子に対してだけで、
私には、かる子がいない時に、たまにはね・・って感じ。

新しい家族ができたら、
すぐには無理でも、焦らずに気長に待ってもらえたら
リキシ君は きっと、飼い主一筋の可愛い家族になると思いますよ!

19日の里親募集会が終わったら、リキシの里親募集を始めてみよう~!

この記事へのコメント

  • ナビ君ママ

    ジョンちゃんのベッドの下の表情は
    まるでナビ君そのものです。
    外では元気いっぱいなのに
    家ではしょぼ~ん。
    今はやっとリビング(こたつの中)で
    過ごせていますが、何か物音がすると
    そそくさと玄関の済みに逃げてしまいます。おどおどぶるぶる…。
    でも、ジョンちゃんのお話を読み
    安心しました。
    ○年後のナビ君が、どれだけ変身しているか、わくわくしちゃいます。
    ありがとうございました。
    2020年01月17日 09:18
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村