エースケ君、ディサービスに通う。

かるちゃんです。

hikaruさんの猫庭から我が家に引っ越したエースケ君ですが、
その日その日をこなすので精一杯の我が家では、十分にエースケ君に関わることができません。
エースケ君は当分はお庭暮らしなので、
人間の暮らしを見学する機会もないし、
横を通るついでにチョイっと話しかけたりして関わる機会もうんと少ないです。
しかも、hikaruさんちの猫庭生活の中で、人目がない時に暴れて(遊んで)重いブロックをあちこちに運んでたり、
大声で遠吠えしたりすることも分かってました。
hikaruさんがエースケを家に入れても、大慌てでビューッと外に逃げ戻ってました。
はてさて どうしたものか・・・と思案していた時
女神のようにTさん登場

Tさんはかる子の友人で、演劇の舞台を作っている人です。
エースケ捕獲のための仕掛け作りを相談しようと数年ぶりに連絡を取ると、
なんと、去年から高槻に住んでいるというではありませんか!
しかもうちから車で7分!
しかも、しかも コロナの影響で演劇活動が止まっていて、今はとっても時間があるというのです。
しかも、しかも、しかも 庭付き!畑付き!野原付き(蛍も飛んでる)!!
夫婦そろって演劇人なので今は留守番がほぼない上に、
お庭と お庭に面した工房がTさんの仕事場なのです

我が家での朝ご飯はごくごく少量にして、お腹をすかせてT家に送り届けます
着いたらすぐにごはんで迎えてもらいます。
ここはおいしいごはんをもらう所。逃げようなんて考えないでよ。
1.jpg
人の手に慣れるために、お皿を持ってもらいます。
最初にこれをしておくと、食べてる途中に手を出しても怒らない犬になります。(これ大事)

はじめは隠れようとしていたこともあったけど、
3.jpg
「日中はここで過ごす」ってリズムが分かってからは、
土の上やソフトクレイトの中や玄関土間などを使い分けて、寝ているそうです。
電動ノコギリの音がガガガガ…と響いても、熟睡してるんだって
2.jpg

しっかり関わってもらってます。
4.jpg

エースケは、排せつは「離れた所でしかしないぞっ」って固く決めてるから、
排せつのために、かる子との深夜散歩を経験し、
隠れる場所がない道路の方が歩きやすいことが分かっていたので、
早くもお散歩練習を始めてもらいました。
8.jpg
尻尾を上げてスタスタ歩くこともあれば、
何か気になったり、、納得できないと、この通り。
6.jpg 5.jpg
でも、車が怖いとか人が怖いとかのパニックじゃなくて、
「今からどこに連れて行かれるのかな?」という不安が原因みたい。

昨日も、お迎えにいったら敷地内を歩いて待っていてくれましたよ。
7.jpg

お庭が囲まれてるわけではないので、人目がなくなる夜は、我が家に帰ってきます。
最初は頑として動かない20㌔のエースケ君の送迎は、それはそれは大変だったけど(ふう~っ)、
日課が分かったら自分で車に乗ってくれるようになりました。

今は
Tさんち→うちの庭→深夜のトイレ散歩→2階の玄関→朝起きたら庭→Tさんち
と、一日に何度も移動することで、私たちも、忙しい中でも、イヤでも関わる時間が持てています。
車の移動にも、門扉や玄関ドアの開け閉めにも慣れました。

捕獲からまだたったの2週間。
超高速 早巻きで 家庭犬へと変化しつつあるエースケ君なのです。


エースケ君は参加しないけど、、、
元気な中型犬たちの里親募集会は、明日5/24(日)です。


たくさんの人に、野犬でも家庭犬になれる可能性があるって知ってほしいです。
ブログランキングにクリックで応援お願いします。

この記事へのコメント

ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村