キコちゃんのお散歩事情

キコちゃんのお散歩係かる子です。

下宿先ではただただ楽しいキコちゃん。
li16.jpg
犬が遊びに来てくれたら特に嬉しい!
li08.jpg
犬と一緒の時だったら、庭に面した道をヒトや車が多少通っても遊び続けていられるようになりました。
li03.jpg

もっぱら今の課題はお散歩です。
お散歩先で他のワンコと遊べるようになったらキコちゃんの生活の質はグンと上がるし、里親募集の間口もグーンと広がると思います。

vanabbieさんのおうちに下宿していた時は毎日お散歩ができていました。
van君abbieちゃんと一緒に、静かな住宅地を通って お散歩のワンちゃんによく会えるコースを歩いていたそうです。

キコちゃんは犬のいない家庭で生活経験をするために今のキャンディ家に引っ越ししてきました。
背中を痛めているキャンディママさんは犬のお散歩ドクターストップがかかってしまったので、
人間の知り合いを増やす目的を達成したら次のおうちに引っ越す予定だったのですが、
新入りワンコが一気に来たりで当初の予定が変わり、
ずるずると楽しいだけの下宿暮らしを続けています。

キコちゃんのお散歩は家が近い私が仰せつかって、
私はうちのワンコのついでや余り時間でリキシとキコちゃんのお散歩をしています。

ビビリちゃんのお散歩は仲良しワンコとのグループ散歩から始めたいのですが、
数年前とはうちの犬も人も状況が違い、同伴ワンコの選出に苦戦しています。
(母かるちゃんが一緒に歩けなくなったので、ひとりで2頭連れて行くとなると条件がいろいろと…)

うちのミュウばあさんは自分勝手でキコちゃん向きのコースを歩いてくれず、自分の行きたい方向にいけないとご機嫌を損ねて帰ってしまいます。
li06.jpg

優秀な付き添い役だったコータじいちゃんは、認知症の症状もあってお役を引退。
仕方がないので他の犬材を頼るしかありません。

リキシが堂々と歩けるのは河川敷だけだから
li07.jpg
公園や住宅地散歩の付き添いをしたら「怖い怖い」を強化してしまうし、
リキシ自身も明るいワンコに付き添ってほしいくらい。

うちのジヨンちゃんはキコちゃんよりも人見知りで、誰にも会わないお山くらいでしか役に立ちません。
li15.jpg
…...誰にも会わないお山はキコちゃんにも余裕なので何のお勉強にもなりません。(お楽しみと運動のために連れて行っています)

そんな犬材不足を解消すべく、若いふたりをスカウトしました。
li17.jpg
左はシャイでお人好しのライオネル君、右は高エネルギー発散型のケビン(元 千夏)君です。

顔合わせを兼ねた初挑戦はハードルをうんと下げ、車で広くて無人の河川敷へ。

初めだけちょっと緊張していたキコちゃんも、
li11.jpg
すぐにグループになりました。
li12.jpg

ライオネル君ともいいお友達になれそう
li01.jpg

ケビンだけ桁外れに運動量が必要なので、途中で持ち手を交代。
ライケビ姉さんにライオネル君とキコちゃんを一緒に持ってもらいました。
li04.jpg
キコちゃん「知らないヒトが持ってる~」
でも、雄大な自然とケビンのエネルギーにごまかされて、すぐに平気になりました。
li05.jpg
li02.jpg
li13.jpg
みんなでダッシュ
kikokame11.jpg


すっかり顔見知りになったので、夜の公園散歩にも付き合ってもらいました。
必死で公園にたどり着いたキコちゃん、ふたりに会ったらすぐ尻尾が上がりました。
夜といってもチラホラ人が通って、素振りをしている人もいたのに、みんなと一緒だから大丈夫。
がんばってやり過ごすことができましたよ。
(暗くてロクな写真が撮れませんでした)

その後、ひとり散歩にも挑戦してみたのですが・・・。

人が少なさそうな小雨の時を狙って行った時は、
li09.jpg
運悪く公園清掃で、掃除道具を持ったお兄さんたちが多数💦
ニコニコと話かけてくれるお兄さんにも応えられないキコちゃんです。
li10.jpg

夜に挑戦してみた時は、運悪く犬散歩には出会えずバスケットのドリブル練習に出会ってしまって座り込み~
li14.jpg

このままだとキコちゃんが公園嫌いになってしまう!
やっぱりサクラを仕込んで公園での楽しい体験をしてもらいたいなあ。
ライ&ケビくん、ご近所のみなワン、こんなキコちゃんにどうぞご協力よろしくお願いします。


ブログランキングに参加しています。
キコちゃんがお散歩環境に恵まれた優しい里親さんの目につくように、 クリックで応援お願いします。



ここからはセンチメンタルかる子の独り言。
コータ君が元気だったらなぁ、母が1頭連れて一緒に歩いてくれたらなぁ。犬と人の高齢化問題、深刻!
キアラとかハナエさんとか、数年前なら「うちに放り込んでおいたらコータたちがなんとかしてくれるでしょう」って言えたと思うのですが、人間の祖母の認知症事情も加わってなかなか状況が整いません。
あの頃は集団行動してくれるから楽だったなぁ…(遠い目)

あの頃
 ↓

この記事へのコメント

  • あさひママ

    我が家がご近所なら、お手伝いさせていただきたいくらいです。昨年夏、成犬からお迎えした保護犬が旅立ち 独身時代から毎日かあさんになり、娘たちのよき姉となり
    犬と暮らす素晴らしさを伝えてくれました。また、あさひと一緒にいたときが楽しかったからまた犬と暮らしたいといっております。
    娘たちといつも応援しています。
    2021年04月17日 14:22
  • かる子

    あさひママさん
    応援ありがとうございます。
    物心ついた時から家にはいつも犬がいましたが、今ほど「私しか散歩要員がいない、今日も生きて帰らねば」と感じることはありません。笑
    でも、こんなスリリングな状態では十分なお世話はできませんね。早くキコちゃんのことを第一に考えてくれる飼い主さんに引き継ぎたいです。
    (その為にもいろんな経験をさせてあげないと!汗)

    まだまだあさひちゃんを想って淋しい時だとは思いますが、その時が来ましたら次も是非 保護犬ちゃんを迎えてあげてくださいね。
    2021年04月18日 22:20
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村