りぼんちゃん、高槻に帰ってきました。

かるちゃんです。
皆さま、本当にありがとうございました!
なんでこんなに優しいの!!というくらい、
たくさんの方が さまざまな形で協力して下さいました。
お一人お一人に、きちんとお礼も言えていませんが、
本当に、本当に、感謝しています。
私達と同じ「犬バカさん」が たくさんいるんだなあと思うと、嬉しくなってしまいます。
本当に、ありがとうございました。

今日も朝からめまぐるしくいろいろなことがあって
報告しなくちゃいけないことが色々あるんですが、
帰宅したらすぐに、他の迷子犬のことや、他のトライアル中の犬のことでの諸々やら何やらで、
報告が遅くなってしまいました。
今日はざっくりと経過報告のみを・・・。

17日午前、預かりのOさんの呼びかけに反応して 傍示バス停付近で、いったん姿を見せながら、
あちこちで目撃⇔逃げる、をくり返していたりぼんちゃんですが、
Oさんが ひかりが丘周辺の草むらやヤブ、丘、畑などに向かって呼びかけを続けていた時、
丘の向こう側では、リボンちゃんが誰かの呼び声を聞いたみたいで、
一声キャイン~と鳴いて走って行ったという目撃情報も頂いてたようです。

ここから離れないで~、ここに出てきて~という気持ちで、1㌔圏内を何周もしながら
最徐行で走行する車の助手席の窓から顔を出して
 「りぼん、りぼ~ん、ママやでえ~、」 と美しいソプラノで呼びかけるOさんを乗せて、
迷子チラシを左右と後ろにペタペタ貼り付けた私の車は、どう見ても、選挙カー。

18日は 朝の第一報が、前日と同じ、
ひかりが丘に隣接する北田原町の施設、倉庫、工場での目撃情報でした。
昨日Oさんが呼び続けた地域とは、竹やぶや丘から通じる地域です。
りぼんちゃんはOさんに会いたがってる!
今日は確実に捕まえる!

今日は、リボンちゃんと同居していた、Oさんの飼い犬ムッちゃんも同行していました。
「老犬やし、マイペースで、りぼんちゃんと一緒に遊ぶわけでもないし・・・」というムッちゃんですが、
いいの、いいの、いてくれるだけでいいの。
出番が来た時だけ車から降りて、ニオイ嗅いだり、オシッコしたりして、おやつもらったり・・、
普通にそこに居てくれるだけでいいの。

トライアル母さんは、電話に届く目撃情報を すぐに逐一連絡してくれました。
同時に自分で真っ先に目撃地点に飛んで行って 詳細情報を集めてくれていました。
合間合間では チラシ掲示も進めていました。
おかげで、次々とタイムリーな目撃情報を頂きながら
一つ一つの目撃情報に右往左往することなく、地図を見ながら、
Oさんとムッちゃんの所にりぼんちゃんを寄せ付けやすい場所で
Oさんに声を出してもらうことができました。

昼頃からは、北田原町の畑~集落での目撃情報が続きました。
「今、まさにここにいます。」 という連絡ばかりだったので、
Oさん、今日は選挙カーの助手席に乗ったウグイス嬢ではありません。
ポイントごとにムッチャンと一緒に車を降りて、
「りぼん、りぼ~ん、ママやで~、ムッちゃんも迎えにきてるで~」と呼び続けました。

午後2時過ぎ、Oさんが しゃがんでムッちゃんをさわっていた時、
なんと、Oさんの背後に、りぼんちゃんが愛想よくシッポふりふり、すり寄ってきていました!

逃げた知らせを受けて いきさつを知った時、
私たちは、もうこのお家にりぼんちゃんを返すつもりはありませんでした。
りぼんちゃんが見つかったら高槻に連れて帰るつもりでした。
でも、トライアル開始5日目に逃がしてしまったこの家族が、
逃がしてから5日目にりぼんちゃんを無事に保護するまでの間、
自分たちの日常を捨てて、仕事も休み、朝も昼も夜も深夜も、
家族が一致団結して できることをすべて行ったこと、
今回の事態を引き起こした原因をきちんと反省して、
何が何でもりぼんちゃんが無事に帰ってくるまで、まさになりふり構わず、
時間とエネルギーと、お金も使える人たちだということが
よくわかりました。

とにかくいったん、トライアル家に帰りましょうということになり 家に着いた時には、
昨日 兵庫県からバイクで駆けつけてネットカフェで1泊して今日も捜索に参加してくれた
以前のトライアル家のお父さんと、
連日参加でお疲れだから今日は休んでて~て言ってたのに、じっとしてられなくて
やはり三四郎とデヴィを連れて来てしまってたMおじさんも、
りぼんちゃんの元気な姿を見たいからと集まってましたよ。

トライアル家のおばあちゃまが、車から降りたムッちゃんに、
「ムッチャン、ありがと、ありがとうね・・」
ありがとうむっちゃんDSC_1396.JPG

ムッちゃんが発する、いつもながらのホワンとした空気感が、
りぼんちゃんの警戒心を解いてくれたんだと思います。
ムッちゃんは大阪府の保健所出身の、性格の良いワンコです。
むっちゃんDSC_1411.JPG

「水分補給しなくちゃね」と、お父さんがヨーグルト水を持ってきた・・
むっちゃんりぼんDSC_1400.JPG

お母さんにもたれかかって甘える・・・
甘えるりぼんおかあさんDSC_1407.JPG

お父さんにも・・・
甘えるりぼんおとうさんDSC_1410.JPG
「ごめんな、、ごめんな・・」と謝るお父さん。
リボンちゃんはお父さんの存在自体を怖がってるわけじゃないことが分かりました。
お父さんが怖いんじゃなくて、散歩から帰るなり大声で子供を叱りつけ、肩掛けリードを乱暴に投げ出したという
その出来事全体が怖かったということ。
お母さんにもしっかり怒られてシュンとなってたお父さんが、意識して気をつけてもらえたら・・・。
私達が出したもう一つの条件は、玄関ドアの外側、ポーチ部分に門扉を付けてほしいこと。

トライアル家からは、
「こんなことを引き起こしてしまって、自分たちには飼う資格はないと言われても仕方ありません。
りぼんちゃんと暮らしたい気持ちでいっぱいではありますが、
リボンちゃんをこんな目に遭わせてしまった自分たちが本当にりぼんちゃんを幸せにできるのか。
一度りぼんちゃんをお返しして、門扉のことも含めて、家族の中で色々話し合いたいと思います。」

りぼんちゃんはOさんちに帰ってきました。
犬も猫もみんなで雑魚寝する布団の上で、疲れて爆睡してるそうです。
体も汚れておらず、ケガもしてない、ダニも付いてない・・・
そしてちっともやせてない・・・
りぼんやせてないDSC_1404.JPG
おかしいなあ・・・、このふくよかなお腹から腰回り・・・、
むしろ太った・・?
このまま放浪し続けていたら、1ヵ月間の脱走の後、
巨体になって帰って来た、卒業犬さつきちゃんみたいになっちゃってたよ・・

※的確な目撃情報を頂く元になった掲示チラシですが、
「18日中に傍示・高山全般・ くろんど池周辺・ 北田原町・ 交野 回収完了、
19日朝 打田方面・獅子が丘・北田原町方面の撤去漏れがないか回っています」 と、
トライアル家より報告を受けています。

"りぼんちゃん、高槻に帰ってきました。" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村