妃沙ちゃん卒業 後編

不思議少女妃沙ちゃん相手に身も心もズタズタにされてた預かりちーくん。

だけど月日ってホント不思議ですね~あんなに落ち込んでたのにだんだんと妃沙ちゃんに傷つけられるのにも慣れてきて(笑)、あれ程心配だった妃沙ちゃんの偏食や下痢も「ああまたか、仕方ないな~」って思えるようになってきて、表情がほとんど無い妃沙ちゃんだけど、私が出かける用意をしてたら寝てても起き出
して来る様子を見てたら「お散歩行きたいんかな?」って事がわかるようになってきて、そうこうしてる内になんとなくだけどコミュニケーションが取れてる風な感じになってくると、私の中の必死感が薄まって来たのが功を奏したのか妃沙ちゃんも少しずつ変わって行きました。

IMG_0108.jpg

里親会に行くたびに下痢をしてたのもいつの間にか治まり、あんなに怪しんでた私の作るご飯も食べてくれるようになり、毎週末夫と3人で買い物に行く時には夫と妃沙ちゃんにはいつもスーパー近くの広場で待っててもらうのですが、私が戻って来るのが見えると走って私の側まで来てくれるようになり、今では夫と妃沙ちゃん2人を置いて私がスーパーに行こうとすると「ワタチも行く~!」ってリードを持ってる夫の手から必死こいて逃げるようにもなり、そしてついには車の中で夫と妃沙ちゃんを待たせて私が出て行くとキュ~ンキュ~ンと可愛く鼻鳴きするまでに...

喜怒哀楽を表現する事が極端に苦手でコミュニケーション能力0と言われ続けて来た妃沙ちゃんが、人と
暮らし始めて8ヶ月が経つ頃には確実に変化していました。

PAP_0000.JPG
(ワタチ頑張ったわ!)

「う~ん。これならもうどこにでもお嫁入り出きるよね~♪」って浮かれ気分で過ごしてた10月初旬。トイレシートでチッコする事を完璧に覚えた妃沙ちゃんを外が好きだからと頻繁に散歩に連れ出すようになってくると、なんだか歩き方がトボトボと元気が無いように見える時があり、心配になった私は獣医さんに駆け込みました。すると内臓器官などには特にこれといって悪い所は無かったのですが、妃沙ちゃんの両方の足が
どちらも膝蓋骨が内方脱臼しているとかで、これからもっとひどくなって見るからに歩き方がおかしくなって
きたり傷みが出てきたりしたら手術になるよと言われてしまいました。

その時、預かりの私はすぐ先生から大まかな手術内容及びそれに伴う費用を聞きだすと、これからどうゆう風に節約して手術費用を捻出させるかとか、なるべくなら手術をしなくて済むようにこれからは少しでも足の負担を減らすべく芝生公園の方を歩かせようとか、そういった事を頭の中でグルグルと考えてる自分に気がついた時、私は悟りました。「もうこの子とは離れられない」と...

とゆーわけで長くなりましたが私預かりちーくんが妃沙ちゃんの里親になる事になりました~チャンチャンッ♪

IMG_0620.jpg
(なんですってっ! でも里親って何ですか? 里イモの親戚ですか?)

合宿所のhikaruさんから難しい子の里親になるのには色々と葛藤があったでしょうと問われましたが、葛藤ですか...葛藤...う~ん葛藤、何でしょうね~? 今となってみたら全てが、本当に全てが、楽しい思いでなんです(笑)。

IMG_0791.jpg
(迷子札に書く電話番号はパッと見ただけでもわかる位大きい方がいいってちーくんが言ってました!)

今だって家の中では何気に警戒して名前呼んだって全然来てもくれません。相変わらず尻尾も振らないし、寝て.ると思って側に行くとス~っと場所移動するし、おやつだって決して手からなんて食べてくれない妃沙ちゃん。

だけどそれでいいんです。人も色々だけど犬も色々。人間の子供だっていつもママの側にくっついていたいって子もいれば、自分の部屋にこもってるのが好きな子もいる。それでも家族は家族。何ものにも変えられない大切な存在です。だから犬だってそれでいいじゃない。呼んだって側に来てくれなくっても、尻尾振ってくれなくっても、それでも共に暮してさえいれば、いつの間にか家族にだってなれるしかけがえのない我が子にだってなる。決して代わりの利かない尊い存在になっている。


すっぱいレモンだった私の日々が、気づいた時にはレモネードのような日々に変わってた。


それが妃沙ちゃんと私の8ヶ月でした。


IMG_0013.jpg


これから保護犬を家族に迎えてみようかな?と思って下さった方がいらっしゃったらどうか忘れないで下さい。一目会ったその日から恋の花咲く事もある~♪的な一目ぼれの盲目的なワンちゃんに出会えたなら、
それはとってもラッキーで素敵な事だと思います。だけど一目会ったその時にはわからなくても、この子
何か違うよな~ピンとこないな~って感じてても、2週間、1ヶ月、1ヵ月半、2ヶ月と共に暮して行くうちに、
「あら?いつの間にか恋の花咲いてたや~ん!」ってなる事もあるのだとゆう事を...

それも溢れんばかりに満開に咲く恋の花が...

ももちゃん花_完成.jpg
(それでも~恋は~恋~♪)

トライアル期間は通常2週間程度とされていますが、保護犬には色々なケースの子がいて2週間なんかじゃとても判断出来ない難しいタイプの子も中にはいます。そんな時には「あまり長くトライアルしても結局家族に迎えてあげられないんだったらうちに慣れるだけその子が可哀想...」なんてことはあまり心配されずに、
トライアルはなんぼでも長期戦でしてあげて下さい。犬との相性なんて恋と一緒。一目ぼれな恋もあれば
長い間一緒にいる事でじんわりと芽生えて来る静かな恋だってあるのです。私がそうだったように...

しかしまさかの複雑怪奇&びびり代表に恋しちゃうとは...(笑)

IMG_E0843.JPG IMG_E0844.JPG
(むぐぐ、、、芸能人と犬は歯が命ってちーくんが言ってました!)

だけどトライアルとは言っても貴方の家に保護犬がいる時には、どうかその子の事を自分の子供のように大切に育ててあげて下さい。いつも優しい目で見てあげて下さい。保護犬達はどの子もみ~んなかるちゃんやhikaruさんの大事な大事な子供であり家族なのですから...


貴方の愛情とゆう名のエッセンスでパパやママを待っている保護犬達がみんな幸せになりますように~


きさ (3).JPG
(ちーくんがねワタチといると幸せ~っていつも言ってくれるから、ワタチも幸せなんです!)


最後になりましたが、かるちゃん、hikaruさん、妃沙ちゃん改めももちゃんを私たち家族に託して下さって
どうもありがとうございました♪


「我が家に娘が出来ました♪」


IMG_0761.jpg
(ワタチメにもモザイクを...)



この子と出会わせて下さった全てのみなさまに感謝を込めて...

                       ちーくんこと不思議少女ももちゃんの母より

"妃沙ちゃん卒業 後編" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村