クマ君さっそくお引越し

かる子です。

お散歩日和の晴れた日、キコちゃんとクマ君で河川敷散歩に行ってきました。

捕獲後初めて、車で移動するクマ君、
今からキコちゃんを迎えにいこう。
笑顔じゃないよ、恐怖でハァハァしています。
kuma01.jpg
緊張しすぎて大あくび
kuma02.jpg
どこに連れて行かれるんだろう
不安いっぱい、またあくび。
kuma03.jpg

キコちゃんが合流しても、またあくび。
kuma04.jpg


一言で「怖がり」と言っても、行動への現れ方は本当にいろいろあります。
ひたすら前へ前へ人間ごと引っ張って逃げようとするコ、エビのように後ろに跳んで一瞬でハーネスを抜こうするコ、足元でジグザグ右往左往するコ、茂みで固まるだけでやり過ごせるコ、・・・などなど。

怖く感じる物も犬それぞれ。
リードでの拘束が怖いコ(ウンチ取りが待てない)、リードで繋がった人間が自分に付いてくるのが怖いコ、お散歩カバンがパカパカ動くのが怖いコ、音が怖い、溝のクレーチングが怖い、ボールが怖い、風で揺れる枝すら怖い、子どもが怖い、自転車が怖い、通行人はよくても立ち止まっている人は怖い、・・・などなど。

さて、クマ君は何が怖いかな。


この日のクマ君の歩き方はこんな感じ。
この日は子どもが多くて公園全体の雰囲気が落ち着かず、歓声やボールの音が怖いみたいでした。
その前日、静かな住宅地を歩いた時はもっと落ち着いていて、自転車の空気入れをしている人の前だけ進めなくなっていました。
リードを持っているのは捕獲の日に初めて接した私ですが、誰がリードを持っているかはクマ君にとってはそれほど問題ではなさそう。
5年前とはいえ、保健所での係留や2軒の預かりさん宅でのお散歩の経験が大きく影響していそうです。
(クマ君の初めの預かりY原さん~!もし今もブログを読んでおられたら母に連絡ください。母は携帯電話のデータが消えて連絡取れなくなっています。)

みんな大好き野犬の小径に引き寄せられる。
kuma05.jpg

休憩中は生け垣へ。
人の手を怖がりません。触られるのは嫌じゃなさそう。
kuma06.jpg


翌日、クマ君はキコちゃんの下宿先に引っ越すことになりました。

つい一週間前に引っ越してきたばかりのキコちゃんが、早くも「先輩役」を仰せつかりました。
kuma07.jpg

「抜け穴はあいていないかな」
kuma08.jpg

「あいてなかった」
kuma09.jpg

隠れたいクマ君と、先輩面のキコちゃん
kuma10.jpg

お家に入ると、キコちゃん先輩が、
kuma15.jpg

ダイナマイトボディで、
kuma12.jpg

あたしを触ってアピールをしてくるので、
kuma13.jpg

なかなかクマ君がカメラに収まらず、
kuma14.jpg

こんなボケボケ写真しか撮れませんでしたとさ。
kuma11.jpg


続く。



"クマ君さっそくお引越し" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
ポチッと応援よろしくね。
にほんブログ村